2021.02.09

恋愛に使える【ミラーリング効果】って?使い方を徹底解説しちゃいます♡

恋愛のテクニックには色々なものがあります。意味深なLINEを送ったり、あるいは相手のLINEにだけ可愛いスタンプを使ったりといったテクニックは使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

そんな恋愛テクニックの中でも特に効果の高いものとして、ミラーリング効果というテクニックはご存知でしょうか。ミラーリング効果を使えば、相手を効果的に落とせる可能性が一気にアップします。ミラーリング効果を知り、使いこなしてみましょう。
ミラーリング効果とは、簡単に説明すると「相手のことを真似する」ということです。人間は、男女問わず自分に似ている人に惹かれやすいと言われています。

実際、共通点が多い人とは話も弾み、気が合う親友になれたり恋人になったりすることも多いでしょう。それを意識的に行い、相手に自分の好きになってもらうのが恋愛におけるミラーリング効果です。

ただし、子どもの頃に多くの人が経験している通り、単に自分のことを真似されるだけでは相手に好意を抱くことはありません。むしろ馬鹿にされているように感じて相手に嫌悪感を抱いてしまうという人もいるでしょう。

では、どうすればミラーリング効果を使って相手に自分のことを好きになってもらえるのでしょうか。効果的な使い方をチェックしてみましょう。
ミラーリング効果を最も実践しやすいのは食事時です。食事時はお互いに向かい合って相手の姿を見ているため、自然と観察できますし相手もミラーリング効果に気付きやすいと言われています。

相手が飲み物を飲んだら同じタイミングで飲み、食べる順番も不自然にならない程度に揃えてみましょう。相手の方からあなたを意識してくれるかもしれません。
ミラーリング効果を続けていると、相手の癖が分かってくるでしょう。その仕草や口癖を真似するだけでも十分な効果がありますが、時には相手を先回りすることも大切です。

そうすることで相手が真似したような雰囲気になりますし、相手からは「思考回路が同じ!」と思われるでしょう。
食事時でも先回りでも、ミラーリング効果は声に出すことが重要です。「なんか、私たちって似てますね」と声に出すことで、相手に気付かせることができるのは間違いありません。

さらに指摘されることで、相手も今まで以上にあなたを意識するようになります。ミラーリング効果を続けて数ヶ月が経過したら、声に出して相手の反応を伺ってみるのもおすすめですよ。
相手を真似するだけではなく、相手を観察して相手の動きをトレースすることで、相手からもあなたを意識させることができるのがミラーリング効果です。

相手の自覚を待つだけではなく、周りの人たちに「二人って似てるね」と思わせることで、思わぬ援護を得られる可能性もあるでしょう。

不自然にならない程度に相手を真似していることで、自然と一緒に過ごす時間も増えるはず。気になる相手に対するアプローチ方法に悩んでいる人は、ぜひミラーリング効果も試してみてください。

(ハウコレ編集部)

関連記事