2021.02.14

また会いたい~!次のデートに繋がる「好感度MAXの言動」・4つ

 
気になっている男性とのデートは、男性から告白してくるまで、何回でも誘って欲しいですよね。誘ってほしいとは考えているけど、何もせずに次のデートにも呼ばれるなんてことはありません。男性が気に入ってくれないと、次のデートには呼ばれないでしょう。 
 
自分の好感度を上げて、次回のデートにも呼ばれるようにしてください。今回は、男性が次のデートにも誘いたいと感じるほど好感度が高くなる言動について、ご紹介していきます。気に入られたいと考えている方はチェックしてみてください。
 
男性が女性とのデートで一番嫌な気持ちになるのは、2人とも会話が詰まってしまうことです。会話が無くなってしまうと、気まずくなってしまうので、会話が止まらないようにしてほしいと考えています。
 
会話が止まってしまうと、気を遣って疲れてしまいますよね。男性は楽しいデートをしたいのに、疲れるデートをさせてしまっていると、次は誘われなくなってしまいます。会話を広げてくれて気を張らないデートは、楽しむことができますよね。
 
異性とのデートは緊張するようですが、女性よりも男性は、リードしなければいけないという考えもあるので、特に気を遣っている方は多くいます。沈黙が起きてしまってはいけないので、積極的に話してくれる女性は、好感度が高いでしょう。
 
合コンなどで知り合って、デートをする時に、せっかくのデートにもかかわらず、常につまらなさそうにしている人もいますよね。男性からすると、頑張ってデートまでいけたのに、つまらなさそうな顔をされると、悲しい気持ちになるようです。
 
デートプランなどを決めてきたのに、つまらない顔をされると、次回からは誘いたくなくなりますよね。一緒にいて笑顔で楽しんでくれれば、次のデートにも誘いたくなります。一緒にいて楽しかっても、表情が固まっていると、勘違いされてしまいます。
 
表情にだすのが苦手なの出れば、楽しいということを、直接伝えるようにしてください。笑顔が多いと「明るい人」「親しみやすい」など好印象なので、彼と次もデートに行きたいという考えがあれば、笑顔でいるようにしましょう。
男性とデートに行くと、支払いは全部男だという方も、いるのではないでしょうか。昔であればそのような考えもあったかも知れませんが、今となっては基本的に皆割り勘にしています。
 
財布を出すフリだけして結局出さないという女性よりも、しっかりと「いくらですか?」と言える女性のほうが、好印象ですよね。奢ってあげるのはいいけど、「奢られるのが当たり前」だという考えは、あまりよくないのでやめましょう。
 
デート終盤になって、お別れが近くなった時、何も言わずにそのまま帰ってしまう方もいるのではないでしょうか。
 
男性は、女性からデートが楽しかったのかどうかを聞きたいと考えていて、次回も誘っていいのかという判断基準にもなっているので、楽しかったなら、楽しかったという言葉にして伝えるようにしましょう。
 
次回のデートに誘ってもらうためには、男性だけがリードするデートはやめましょう。自分も積極的に楽しむことが大切であり、楽しんでくれていると、また誘いたくなります。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事