いらない恋愛観

2021.02.14

こんな考えはいらない...!結婚を決めた男性が捨てた【いらない恋愛観】って?

 
 結婚をするための条件は人それぞれなので、他人の意見が正しいとは言い切れません。「自分の身の回りの状況が整いきるまでは結婚したくない」という考え方ももちろんあるので、他人の成功した意見が正しいということはありません。
 
自分が望んでいる結婚条件に合っていないと「他にいい人もいるかも」と考えて足踏みしてしまうのではないでしょうか。現実に考えて自分と同じ結婚条件を持っている相手は少ないですよね。
 
今回は結婚を決めた男性が捨てたいらない恋愛観についてご紹介します。
 
お金がないと生活していけないということもあるため、貯金していないと結婚しても奥さんを養っていくことができないと言われています。結婚したとしても苦労をかけてしまうからでしょう。
 
結婚するのであれば500万円貯金が貯まってから結婚した方が良いと言われていますが正直お金は簡単にたまらないですよね。男性の収入でも500万円貯めるのはなかなか難しいようです。
 
500万円貯金ができていない状況だとしても結婚してしまえば意外に何とかなる生活を送っていることがほとんどです。お金は大事ですがお金を理由にして自分の思いを諦めるのは違いますよね。
 
仕事の内容にも色々あり常に決まった時間の中で働いている人もいれば交代制で夜勤をしなければいけない人もいます。働く時間がバラバラになっていると、結婚相手に苦労を掛けることになるため、まだ結婚しないと考えている人もいるようです。 
 
相手の負担になることが嫌なので、結婚相手は同じ職業の人じゃないと嫌だという人もいるでしょう。夜勤がある仕事は昼夜逆転してしまうので確かにすれ違いが起きてしまうこともあるでしょう。
 
夜勤の仕事にも理解のある人であれば分かってくれてさらにお互いの自由な時間も勝手に作れるということなのでほどよい距離感でいることができます。お互いに理解し合えることが結婚において一番大事なのではないでしょうか。
 
結婚するのであれば自分が社会的に自立していないとダメだという考えもあります。自立しなければいけないと考えていたとしてもなかなか難しいですよね。結婚したいと思える人がいて社会的に自立していなくても生活しているのであれば結婚してもいいです。
 
世間体を気にして社会的に自立していないと結婚しないという考えは素晴らしいかも知れませんが婚期を逃してしまうことになる可能性もあります。大事なのは立場とかではなく相手に苦労させたくないという気持ちなのではないでしょうか。 
 
結婚をするのであれば相手をスムーズに見つけるためにある程度自分の中で譲れないものを持っておくといいでしょう。結婚といっても自分一人でできることではありません。
 
相手がいてこその結婚なので、最初の予定とは全くちがう結婚生活に向かっていることもあります。
自分でたてた結婚条件に縛られ続ける必要はありません。その時の言動によっては条件を変えることもできるので気持ちに従うことも大事です。
(ハウコレ編集部)

関連記事