2021.02.15

これはダメ!彼が【自己中】すぎてドン引きしてしまったデートって?

 
どれだけ彼のことが好きであっても、ふたりで楽しむはずのデートが自分勝手過ぎてしまうとガッカリして彼に興味もなくなってしまいますよね。彼と会えるというだけでウキウキしていたのに、デートが始まると帰らせてほしいと感じたこともあるでしょう。
 
一体どうやったら楽しみにしていたデートの期待を裏切って、「帰らせて」と感じるようにさせたのでしょう。
 
今回は自己中過ぎてドン引きしてしまったデートについてご紹介していきます。
 
よく道路などに「ペットが脱走したから探してください」、「謝礼差し上げます」などの張り紙をしているところを見たことのある方も多いのではないでしょうか。次のデートはペットを探そうということになって探したこともあるでしょう。
 
朝から夜まで探したけど見つからなくて「謝礼欲しかった」という言葉を聞いてドン引きしました。心が綺麗な男性で「飼い主さんの喜ぶ顔が見たい」ということであれば、魅力的でしたが謝礼目的は話しが変わります。
 
 人のために休日を捨ててペットを探していると思いきやお金欲しさだったことにはびっくりですよね。「こんな人なんだ」とガッカリして失望するデートだったのではないでしょうか。
 
カラオケに行ったら曲の順番や歌う順番などどうやって決めていることが多いでしょうか。一般的には1曲交代が一般的ですが、なかにはその暗黙のルールに乗っ取ることなく自分ルールで曲を入れていく男性もいます。
 
カラオケの部屋に入った瞬間からいきなり連続で10曲ほどいれ出してしまい。さらに間奏の時にも曲をどんどん追加していっている男性もいます。交代で歌わないならひとりカラオケをしたほうが気持ちよく歌えるのではないでしょうか。
 
カラオケは意外にその人の本当の性格が見えるので「曲入れた?」、「何歌う?」など女性に気遣いをしてくれる女性はいつでも気を遣うことができる男性でしょう。とびきりの自己中男性の犠牲者は恋心も冷めてしまうかもしれません。
 
もう少しで付き合うことができそうな男性はいたけど元カノとのことをなかなか忘れられないので、思い出を振り切るためにデートしたという男女もいるでしょう。どうやって過去を振り切るのか付いていくと元カノとの思い出の場所を回っているのでしょう。 
 
どこにいっても「元カノ」の話しばかりなのでイライラしてきてしまい、完全に彼への気持ちが冷めたのではないでしょうか。
 
最近ではマッチングアプリも流行ってきておりネット上で知りあった男性と実際に会うこともありますよね。遠距離だったため彼のところまでわざわざ行ったのに、彼は準備もしてなくてプランも決めてないということがあったようです。
 
もともと男性の興味が無かったのかは分かりませんが、時間やお金をかけて会いに向かっているので悲しいですよね。
デートは男性と女性ふたりで楽しむものなので、どちらも乗り気ではないと楽しいはずのデートが苦痛になってしまいます。好意も薄れるので大変なのではないでしょうか。一緒に楽しむことができる男性とデートするようにしましょう。
(ハウコレ編集部)
 

関連記事