2021.02.15

やっちゃうよね!許される範囲で【盛ってしまったエピソード】って?

 
自分のことを実際よりもよく見せたいときなどについつい話しを持ってしまうこともあるでしょう。
誰もが一度は盛った話をして、少し罪悪感を感じるということをしたこともあるはずです。
 
男性はプライドの塊なので、盛った話しをするのは結構頻繁にありますが、女性も同じように、頻繁に盛った話をしているのでしょうか。今回は、許される範囲で盛ってしまったエピソードについて、ご紹介していきます。 
 
女性会で仲の良い友達同士が集まったとき、必ずと言っていいほど話題に上がるのは、彼氏との近況報告なのではないでしょうか。「旅行に行った」「プレゼントをもらった」などの自慢大会や惚気話の暴露のような雰囲気になりますよね。
 
みんながみんな新しいエピソードを持ってくるので、自分だけ「何もなかった」というのは言いづらく、適当なエピソードを作って話しているという方もいるようです。本当に仲の良い友達であれば、愚痴も話せそうですが、離せる雰囲気ではないですよね。
 
同性同士の集まりなのに、見栄を張っている女性は、どうしたいのでしょうか。マウントを取り合ったとしても、何かが生まれるわけではありません。早くマウントの取り合いから脱出できると嬉しいですね。
 
女性にとって、胸の大きさは一種のステータスとなっており、軽い気持ちでいじってしまうと、ケンカになってそのまま話さなくなったりもするほど、触れにくい部分でもあります。
 
本当はAカップなのに、ブラジャーで盛ってCカップくらいの大きさに見せているという方も、多いのではないでしょうか。友達から細いのに胸があって羨ましいと言われると、心にズキッときますよね。
 
バレる機会もないので、勘違いさせたままで良いかなとは感じますが、彼氏には絶対にすぐバレて、隠し通すこともできないので、すぐにバラしましょう。いずれバレるのであれば早めに伝えて、隠し通せるのであれば、いう必要も無いので黙っておきましょう。
 
自分の住んでいる地区が田舎で、有名な地区の隣とかであれば、有名な地区にの名前を言っている方も多いのではないでしょうか。都会に住んでいると思われたいという気持ちや、言っても分からないからという考えで、持っているのでしょう。
 
人によってはどこの地区で生まれたかったなどと、憧れになっていることもあるので、そこまで深く考えずに、盛っていそうですよね。どこの地区にもそれぞれの魅力があるはずですが、男性の興味を引きたいときは、少しくらい盛っても良いのではないでしょうか。
 
神奈川県出身の人などは、出身の市を言ったとしても、そこまで有名ではないことが多いので、まとめて「横浜」と答えている方も、いるようです。都会のイメージがあるので、ステータスにもなりますよね。
 
合コンなどで男性と会うときには、横浜だと話しを盛って、興味を引いてもらうようにしているのかもしれません。

話しを盛ることは良いですが、バレないようにすることが大切です。信用を失いたくないと感じた相手には、本当のことを伝えるようにしましょう。後からよけいないざこざも無くなります。 
(ハウコレ編集部)

関連記事