2021.02.17

どうして?デートの段取りを決めたのに【相手の反応が薄い】理由って?

デートの段取りを決めて、後はデートするだけ……という段階なのに、イマイチLINEの反応が薄いということはありませんか?一番ワクワクする時間帯なのに、どうして反応が薄いんだろうと思いますよね。

実は男性の反応が薄いのは、いくつかの理由があるんです。今回はデートの段取りを決めたのに相手の反応が薄い理由を4つご紹介します。
何を話していいからわからないからという理由です。デートの段取りを決めるまで、デートの話をすればいいので、ある意味楽です。デートの約束をして詳細を決めるという目的があるので、何を話せばいいのかわかりやすいです。

しかし、デートの段取りを決めてしまうと、目的が達成されているので、デートまでに何をやればいいのか、途端にわからなくなる人がいるんですね。気持ちを盛り上げるとか、適当に雑談するとかいろいろやることはあるのですが、それがわからず途端に反応が薄くなってしまうんです。
二人でデートの段取りを決めているように見えても、冷静に見れば女性側が主導で決めているというケースもあるかもしれません。

相手が決めてしまったという意識があり、ちょっと不満があるんですね。それで反応が薄くなっています。

また、不満がなくても、女性に任せて受け身的になっているので、どこか反応が鈍く、女性側からするとノリ悪いように感じることもあるかもしれません。

LINEを見返したり、話したときのことを思い返したりして、一方的に全て決めていないかチェックするといいでしょう。
実は行きたくもないところに行くことにしたとか、本当はあまりデート自体する気がないけど、女性を喜ばせるためにデートの段取りを決めたというパターンです。やる気がないので反応が薄くなるのは当然でしょう。

今回のデート場所は相手の好みが少しでも入っているか、無理に付き合わせていないか考えてみるといいでしょう。
デートの段取りを決めたので、次はデート当日に話せばいいと思っているパターンです。デート当日まで話す必要がないと思っているので、女性側からすると反応が薄いように見えるというわけです。

元々あまりLINEしない男性や、対面で話すのが好きなタイプに多いですね。やることをやったら、LINEは最低限でいいと思っています。
男性がデートの段取りを決めたあとで反応が薄くなるのはいくつか理由があります。相手の性格などを考慮に入れて、理由を考えてみるといいでしょう。

デートを楽しみに思っていても反応が薄くなったように見えることもあるので、あまり考えすぎないようにするのがおすすめです。

(ハウコレ編集部)

関連記事