復縁

2021.02.18

【復縁】振られた元彼に「よりを戻したい」と言われた時に考えること

元彼が振ってきたのにしばらくしてから復縁しようと言ってきたという経験はありませんか?こちらから振ったならまだしも、相手から振ってきたのに復縁しようだなんて、調子がいいと感じてしまいますよね。

一方で、復縁できるならしてもいいかも……という気持ちがあることもあるでしょう。そこで今回は、振ってきた元彼に復縁しようと言われたときに考えることをご紹介します。復縁するべきかどうか判断する参考にしてみてください。
まず、元彼を好きだと思えるかどうか考えましょう。同情を抜きにして、今も元彼が好きだと思えるなら復縁していいでしょうし、以前のように好きだと思えないなら復縁はやめておく、もしくは慎重になった方がいいです。

大事なのは、自分の気持ちです。相手に求められているからとか、申し訳ないからなどと考えずに、自分が素直に好きだと思えるかどうかを基準にして、復縁するかどうか決めてください。
前項とも関連しますが、復縁に嬉しさを感じるかどうかも大事です。素直に嬉しいと思えるならいいのですが、どうでもいいとか、復縁しても何も思わないと感じるなら、やめておいた方がいいでしょう。

復縁しても楽しくなりませんし、彼もそんなあなたを見てつまらないと感じて、また別れたくなるためです。今、自分が彼と一緒になりたいと思えるかどうかが、大事な判断ポイントになります。
元彼と復縁して、自分が幸せになれそうかどうか考えてみてください。復縁したあとの生活を想像してみるのです。

きっと一緒にいたら楽しい、幸せだと思うと思えるなら、復縁していいでしょう。しかし、幸せなビジョンが全く浮かばないようなら、復縁はやめておいた方がいいです。付き合う前の段階で期待感がないわけですから、付き合ってもピンと来ず別れる可能性が高いです。
元彼が復縁したい理由も大事です。できれば相手に理由を聞いてみるといいでしょう。ここでうまく答えられないなら、それほど本気ではないということになります。

男性は、女性が好きで復縁を申し込むとは限りません。本命に振られたからとか、他にいい子がおらず消去法で選ぶこともあるんです。自分が誰かの代わりにされていないか、都合良く扱われていないかよく考えてから復縁するようにしましょう。
振ってきた元彼に復縁しようと言われたときは、安易に了承せず、今回ご紹介したようなことを考えてから復縁するかどうか決めるのがおすすめです。元彼に振り回されないためにも、自分の気持ちを優先して、落ち着いて判断しましょう。そうすれば、次こそはいい恋愛ができますよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事