2021.02.23

遠距離にありがち?彼氏が【冷めない】ようにする方法って?

転勤や家族の都合で遠距離恋愛になるカップルもいますが、お互いの距離が開いてしまうとどうしても気持ちが冷めることもあります。

彼氏が冷めてしまい、冷たい態度をするようになると女性としては辛いですし、悲しい気持ちになるかもしれません。

遠距離恋愛をすると、会えない寂しさから浮気を疑ってしまったり、そのまま自然消滅する場合もありますが、気持ちが冷めないようにしたいですよね。

そこでこの記事では、遠距離恋愛の彼氏が冷めないようにする予防方法についてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。
遠距離恋愛をすると、どうしても場所が離れてしまうので、彼氏に会える日も限られますから、LINEやFacebookをなどのSNSを有効活用しましょう。

「今から仕事行くね」「今日は何食べるの?」など、こまめに連絡をすることで、いつも側にいる感覚になれます。

テレビ通話もできますから、お互いの顔も見れて安心できますので、彼氏の気持ちが冷めにくくなります。

例えば、ご飯を食べる際にテレビ通話を使うことで、一緒に食事をしている気分になれますので、きっと彼氏も喜んでくれます。
仕事や学校などが忙しくて、なかなか会う時間も作れないかもしれませんが、遠距離恋愛だからこそ、定期的に会える時間を作ります。

遠距離恋愛が続くと、徐々に会う頻度も少くなり彼氏の心も離れてしまい、冷めて別れる原因になりますので、あなたから会いに行きましょう。

わざわざ頑張って会いに来てくれた彼女が愛おしくなりますから、「手放したくない」「大切にしたい」と思ってくれます。
遠距離恋愛で彼氏になかなか会えない時間を使って、自分磨きをして女性らしい魅力を上げておくことで、冷めるリスクを回避できます。

エステやジムなどに行き、魅力的な女性になることで、久しぶりにあった彼氏も「あれ?前よりも綺麗になった?」と感じてくれます。

「〇〇くんのために頑張った」と言えば、彼氏も嬉しい気持ちになりますし、もっと好きになってくれます。
彼氏と遠距離恋愛になったとしても、日頃の感謝の気持ちを伝えることで、お互いの絆を深められますから、気持ちが覚めることもなくなります。

「大好き」「ありがとう」など、感謝の言葉を彼氏に伝えるだけでも、必要とされてると感じてくれます。

わざわざ「浮気してない?」と聞いてしまうと、彼氏も徐々に嫌気がさして冷める原因になりますから、言わないようにしましょう。
彼氏と遠距離恋愛になったからこそ、2人の絆を深められるチャンスですから、定期的に会ったり、こまめに連絡をすることで、距離を縮められます。

お互いが頑張っている姿を見せて刺激し合うことで、一緒に成長できますから、彼氏の気持ちも簡単には冷めなくなります。
(ハウコレ編集部)

関連記事