2021.02.23

相手を傷つけたくない!【スマートな断り方】って?

男性の誘いのスマートな断り方を紹介します。
たとえば男性の家やお泊まりなどに誘われたとき、「まだちょっと早いかな…」と思うこともありますよね。

そんなとき、どんなふうに断ったらいいのでしょうか。
そのまま関係を終わりにしたいのなら悩む必要もありませんが、この先も関係を続けていきたいのなら、断り方はとても悩むもの。

ここでは、男性の誘いのスマートな断り方を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
家やお泊まりに誘われたときの断り方として一番良いのは、あなたの正直な気持ちを伝えるということ。

伝え方としては、「家に行くのはまだちょっと不安だから、もう少しあなたのことを知ってからにしたい」というように、
・彼のことが嫌いなわけではない
・今はまだ不安
・もう少し親しくなればOK
ということを伝えましょう。

真剣な男性ほど、自分の誘いを断られると、フラれたと勘違いしてしまうことも少なくありません。

そのため、誘いを断るときには「あなたのことが嫌なわけではない」ということを、きちんと伝えてくださいね。
男性から誘われたときのスマートな断り方には、「彼氏以外とは、そういうことはしない」という言い方もあります。

家やお泊まりに誘われたということは、大人の関係になる可能性は十分にありますよね。
だからこそ、「家やお泊まりに行くのは彼氏だけ」と伝えるのです。

そうすることで、彼もあなたに告白しようという気持ちが芽生えるでしょうし、あなた自身が軽い女性ではないこともアピールできるでしょう。

自意識過剰かもしれないと思っても、自分を守れるのは自分だけ。
相手への思いやりや優しさがある人ほど、男性からの誘いは断りにくいと感じてしまいますが、きちんと伝えることも優しさだということを、覚えておきましょう。
やんわりと伝えても分かってくれない人や、それでもしつこく誘ってくる人には、きっぱりとお断りをしましょう。

そういう人は、あなたと真剣に恋愛をするつもりはなく、おそらく身体目当て。
きっぱりと断ってしまっても問題はありません。
男性の誘いのスマートな断り方について、お話ししました。
相手を傷つけず、尚且つ次に繋がるように断るのは難しいと思いがちですが、素直な気持ちを伝えれば大丈夫。

あなたとのことを真剣に考えている男性であれば、あなたの気持ちを優先してくれるはずです。
(ハウコレ編集部)

関連記事