2021.02.24

ついつい感情的になっちゃう!ケンカしたときに感情的にならないようにする方法って?

彼氏とケンカした時に、感情的にならないようにするための3つの方法について紹介します。

彼氏との付き合いが長くなればなるほど、些細なことでケンカをすることも増えるもの。

そんなとき、女性はどうしても感情的になってしまう人が多いのですが、男性から見ると「ヒステリー」になってしまうため、気をつけなくてはなりません。

また、感情的にケンカをすると別れるキッカケにもなるので、できるだけ感情的にならずにケンカをしたいところ。

ここでは、ケンカの時に感情的にならないようにするための方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

早速、見ていきましょう。
ケンカのときに感情的になりやすい人は、喋る前に深呼吸をしてみましょう。

自分の気持ちを感情任せに相手にぶつけても、いいことはありません。

あることないこと口走ってしまって、彼氏との関係が崩れてしまうだけです。

そんな暴走ともいえる状態を防ぐためには、深呼吸をすることがおすすめ。

深呼吸は腹式呼吸なのでリラックス効果がありますし、副交感神経が優位になるため心を落ち着かせる効果もあります。
ケンカした時に感情的にならないためには、相手の言い分も認める姿勢が大切です。

ケンカというのは、1人ではできません。

必ず相手が必要ですし、どちらかだけが悪いということもありません。

あなたは彼氏が悪いと感じているのかもしれませんが、必ずあなたにも悪いところはあります。

だからこそ、彼氏の言い分にも耳を傾けてみましょう。

「私は悪くない」と思っていると、感情的になることを防ぐことはできません。
自分の気持ちが落ち着かないときは、一度その場を離れるのも1つの方法です。

感情的になってしまうのは気持ちが高ぶっているからなので、クールダウンしてから改めて彼氏と話をしましょう。

自分の性格はあなたが1番よく分かっているはずなので、落ち着くまで話ができないのであれば、それでかまいません。
彼氏とケンカした時に感情的にならないようにするための3つの方法について、紹介しました。

感情的になってケンカをしても、良いことは何もありません。

最悪の場合、このケンカが原因で彼氏と別れてしまうことも…。

最悪の事態を防ぐためにも自分なりの気持ちを落ち着ける方法を知っておき、感情的にケンカをしないように気をつけていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事