2021.02.26

やっぱり寂しい…【遠距離恋愛】を辛いと感じる瞬間って?

遠距離恋愛を辛いと感じる瞬間には、どんなものがあるのでしょうか。
いきなり遠距離恋愛をすることになると、その辛さや寂しさに耐えられない……と感じている人もいると思います。

しかし、遠距離恋愛を辛い、寂しいと感じているのはあなただけではありません。
ここでは、遠距離恋愛をしたことがある人に、「遠距離恋愛を辛いと感じる瞬間」はどんなときなのかを調査してみました。
遠距離恋愛を辛いと感じる瞬間として最も多かったのは、やはり会いたいときに会えないとき、という意見でした。

普段からそこまで頻繁に会っていなかったとしても、それは「会いたいときに会える距離」にいるから平気だったというだけの話。

いざ会えない距離になってしまうと、途端に会いたくなるから不思議ですよね。
夜1人きりになったときや仕事で失敗してしまったときなど、好きな人に会いたいなと思う瞬間は意外と多いもの。

そんな会いたいと思ったときに会えないことを痛感させられると、一気に遠距離恋愛を辛いという気持ちが大きくなってしまうようです。
続いて遠距離恋愛を辛いと感じる瞬間として多かったのは、友達のデート現場を見たときでした。
たまたま友達が彼氏と楽しそうに歩いているところを見てしまったとき、自分の隣に彼はいません。

もちろん仕方がないことだと頭では分かっているものの、気持ちがついていかなくなることもあるでしょう。
つい、友達を「羨ましい」と思ってしまうことも。

遠距離恋愛は物理的な距離が生じるため、自分だけ1人になることは少なくありません。
それでも自分の気持ちが弱っているときには、より一層辛く感じてしまうのです。
遠距離恋愛を辛いと感じたときは、我慢せずに正直に彼に伝えてみましょう。
あまり溜め込むのは、心にも体にも良くありません。

ただし、ワガママを言うのではなく、あくまでも今の自分の気持ちを伝える程度に留めておきましょう。

そうして、「次の週末に会いに行ってもいい?」など、近いうちに会いたいことを伝えるのです。

彼氏も、あなたが寂しい、辛いと感じていることが分かれば、なんとかして時間を作ってくれるはずですよ。
遠距離恋愛を辛いと感じる瞬間について、紹介しました。
遠距離恋愛を辛いと感じているのは、あなただけではありません。

むしろ、遠距離恋愛中に一度も辛い、寂しいと思ったことがない人などいません。
自分だけではないと思うだけでも、少しは気が楽になるのではないでしょうか。
(ハウコレ編集部)

関連記事