2021.02.26

それって本当なの⁉「動物好きな人に優しい人が多い」を徹底調査!

よく、動物好きな人には優しい人が多いと言いますが、それは本当なのでしょうか。
私も聞いたことがありますが、果たして本当なのかどうかは気になるところ。

ここでは、動物好きな人に優しい人が多いというのは本当なのか?について、意見を調査してみました。早速、見ていきましょう。
まず結論を言ってしまうと、動物好きな人に優しい人が多いというのは本当だと思います。

私が独自に男女15人に「動物好きな人に優しい人が多いと思うか?」と質問をしてみたところ、なんと全員が「YES」と答えたのです。

調査した人数が少ないため信憑性は低いかもしれませんが、全員がYESと答えたのは事実ですし、こういう結果は今までにもあまり見たことがありません。

私の友人でも、確かに動物が好きな人には優しい人が多いような気がしますね。

次の項目では、なぜそう思うのか、理由を聞いてみました。
ではなぜ、動物好きな人に優しい人が多いと思うのでしょうか。

その理由は、こちらです。

・優しい人でなければ、ペットを飼ったり動物をかわいがることはできないと思う。
・動物はヒトのように意思疎通ができるわけではないから、優しさがないと好きになれない。
・かわいいだけじゃ動物の世話をすることはできない。愛情や優しさがあるからこそ、動物をかわいがれるのだと思う。

動物好きな人が全員ペットを飼っているとは限りませんが、動物を飼ったりかわいがったりするためには、「きちんとお世話をする」ことが最低条件。

動物好きでペットを飼っている人は、言葉の通じない動物のお世話を、きちんとしているということになります。

動物のお世話というのは、時には自分のことよりも優先しなくてはなりません。

自分よりも弱い生き物を大切にできる、きちんとお世話ができるというイメージが動物好きな人にはあるため、「動物好きな人は優しい人が多い」とみんなが思っているのでしょうね。

私も、この意見には賛成です!
実際、私が知っている動物好きな人も、みんな優しい人ばかりですよ。
動物好きな人に優しい人が多いのは、本当だと言えるでしょう。
動物という、自分よりも小さな生き物を大切にできる人は、優しい人です。

もちろん動物が好きな人だから全員が優しいと決めつけることはできませんが、このイメージは十中八九間違ってはいません。

あなたも動物が好きであるなら、動物好き同士うまくいく可能性も高いですし、「動物好きな人」と知り合ってみるのもいいかもしれませんね。

(ハウコレ編集部)

関連記事