2021.02.27

デート中にスマホばかりいじる「男性心理」とは?

デート中にスマホばかりいじる男性心理について、紹介します。

好きな人や気になる人とふたりでいるとき、相手がスマホばかりいじっていたら、なんとなく嫌ですよね。

嫌われているのかも…なんて色々と考えてしまいますが、そもそもなぜ、デート中にスマホばかりいじるのでしょうか。

デート中にスマホばかりいじる男性心理を、詳しく見ていきましょう!
デート中にスマホばかりいじる男性心理として最も多いのは、デートが楽しくないというもの。

一緒にいるあなたに興味がなかったり、早く帰りたいなどデートそのものを「つまらない」と感じているとき、男性の多くはスマホに逃げます。

言い方が悪いかもしれませんが、スマホをいじっていれば、目の前のつまらない現実から逃げることができますからね。

一緒にいるのに目の前でスマホばかりいじられていると、「つまらないのかな」と感じるのは、あながち間違いではないのです。
デート中にスマホばかりいじる男性心理には、場が持たないからというものもあります。

あなたとのデートがつまらないわけではないものの、会話が続かないなどの理由から「場が持たない」と感じているのです。

沈黙が苦手なタイプの男性だと、会話が続かず場が持たないことに耐えられず、ついスマホをいじってしまうのでしょう。

会話というのは、ふたりで初めて成立するもの。

キャッチボールに例えられることが多いですが、自分の意見+質問で返すと相手も答えやすくなり、会話も続きやすくなりますよ。
デート中にスマホばかりいじる男性心理には、デートに慣れていないというものもあります。

このタイプの男性はあまり女性と出かけたことがなく、デートをちゃんとできているか不安で仕方がありません。

そのため、次に行くお店の情報を改めて調べたりなど、ついスマホに手が伸びてしまうというわけ。

悪気はないのですが、スマホではなく目の前の自分のことを見て欲しいと思ってしまいますね。
デート中にスマホばかりいじる男性心理について、紹介しました。

どんな理由があろうとも、ふたりでいるのに相手がスマホばかりいじっているのは、あまり気分のいいものではありませんよね。

どうしても気になるようであれば、一度「ふたりでいるときはスマホをやめて欲しい」と伝えてみてもいいでしょう。

それで終わるようなら、残念ながら彼とは縁がなかったということです。
(ハウコレ編集部)

関連記事