2021.02.27

ケンカが多すぎる...!「ケンカ」をしても仲直りできれば問題はないの?

ケンカが多くても、きちんと仲直りできていれば問題ないというのは、本当なのでしょうか。

確かに「ケンカするほど仲がいい」という言葉はありますが、ケンカが原因で別れてしまうカップルがいるのもまた事実。

彼氏とケンカばかりしている…...と悩んでいる人は、もしかすると今の彼とはあまり相性が良くないのかもしれません。

ここでは、ケンカをしても仲直りできれば問題は無いのかどうか?について、詳しく見ていきたいと思います。
結論を言ってしまうと、ケンカばかりしていても仲直りできれば問題なし、というのは、半分正解で半分間違いです。

冒頭でも触れたように、確かに「ケンカするほど仲がいい」という言葉はありますが、顔を合わせるたびにケンカをする、口を開けばケンカをするというのが本当に仲がいいと言えるのでしょうか。

兄弟などの家族ならまだしも、恋人という他人の場合、そこまでケンカばかりしているというのは、残念ながら相性が良くないからと言わざるを得ません。

考え方や価値観の違いというのは育った環境も影響しますから、すぐに改善できるものでもないですよね。

ケンカの内容にもよりますが、会う度にケンカばかり繰り返しているのであれば、一度彼との関係を考え直してみたほうがいいかもしれませんね。
彼氏とケンカをすることも、ふたりの関係を進展させるためには必要不可欠です。

ケンカというのは悪いイメージがありますが、お互いの意見を言い合うという意味では必要なことですよね。

ケンカをして初めて、相手の考えが分かることもあるでしょう。

そういう意味では、ケンカも決して悪いことではありません。

ただし、お互いに意見を言い合ったあとは妥協点を見つけ、必ず仲直りをしてください。

ケンカをしたまま何日も経過してしまうと、ケンカをしたときのイライラだけが残ってしまい、ふたりの関係を悪化させることに繋がるからです。

いつまでも仲良くいるためには、仲直りが必須ということは覚えておきましょう。
ケンカばかりしても仲直りできれば問題なしなのか?について、お話しました。

好きな人とはできればケンカはしたくない、というのが本音だと思いますが、一緒にいる時間が長くなればなるほど、ケンカは避けては通れません。

それでも頻繁にケンカばかりしているという場合は、一度ふたりの関係を見直してみることをおすすめします。

また、ケンカをしても相手の考えは尊重し、お互いの妥協点を見つけて必ず仲直りしていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事