2021.02.27

実は傷ついてます…喧嘩した時に彼氏に言ってはいけない【地雷ワード】って?

どれだけ仲良しのカップルでも、付き合っていれば喧嘩をすることだってありますよね。でも、喧嘩の時にあなたがつい感情的に放った言葉が彼氏にとって言われたくない「地雷ワード」だと、仲直りどころか、ふたりの溝がさらに深まってしまう……なんてことにもなりかねません。

そこで今回は、喧嘩したときに彼氏に言ってはいけない「地雷ワード」をご紹介します。
喧嘩したときは相手が悪いと思っているので、つい「あなたのせいで」と言ってしまいたくなりますが、これは絶対にNG。男性からすると、腹を立てて怒る男性もいれば、なかには「俺がふがいないからこんなことを言わせてしまったのかな……」とショックを受けてしまう人もいるみたいです。
今の彼氏と過去の恋人を比較するようなことは言わないようにしましょう。彼氏のプライドを傷つけて「じゃあ一緒にいるのをやめよう」と、そのまま別れ話に発展してしまう可能性もあります。

彼氏に限らず、恋人とほかの人を比べて「彼氏の方が劣っている」というような発言は控えた方がよさそうです。
彼氏が年上だと「もっと頼りがいのある男性だと思ってたのに……」という思いから「どうしてできないの?!」なんて言ってしまいたくなるかもしれませんが、これも地雷ワード。

男性にとっては「役に立たない」「バカにされている」と感じて、とてもショックを受けてしまいます。どれだけ腹が立ったとしても、相手を下に見るような発言はやめておきましょうね。
仲直りしようと一生懸命話し合いをしているところで「私のこと好きじゃないんでしょ?」なんて言われると、彼はヘソを曲げて「そう思うならもう別れようよ」と別れを告げられるかもしれません。

恋人の気持ちを否定するような発言は、彼氏からすると言われたくない言葉の上位に入ります。相手を挑発するとさらに喧嘩がヒートアップしてしまうので、言わないように気を付けましょう。
彼氏が傷つく地雷ワードはたくさんありますが、今回はそのなかでも、多くの男性から「絶対に言われたくない!」という意見が多かった4つの言葉をご紹介しました。「親しき仲にも礼儀あり」ということわざにもある通り、恋人同士にも気遣いや思うやりは大切です。

喧嘩が長引いたり、別れのきっかけになったりすることがないよう「これだけは言っちゃダメ」な地雷ワードを覚えておいてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事