真顔の女

2013.09.08

一筋縄ではいかないハイスペ男子を攻略する6の方法!

皆さんは、3高について知っていますか?「高身長、高収入、高学歴」こういったできるハイスペ男子を捕まえるには一筋縄ではいかないでしょう。これにイケメンが追加されると、周囲からモテるのでライバルは多め。モテるということは、それだけの女性経験をしているということ。今回は、そんな「ハイスペ男子」を捕まえる方法を詳しく解説していきます!

1.明るく笑顔が素敵な女性を心掛ける

「笑顔が素敵な女性」は、男性の好みランキングでも必ず上位にランクインします。
暗い女性よりも、明るい女性を選ぶのは男性の宿命ともいえるでしょう。しかし、笑顔が素敵なだけで振り向くほどハイスペ男子は一筋縄にはいかないです。百戦錬磨を超えたからこそ、3高を実現できているハイスペ男子。仕事と遊びのメリハリをつけている人が多い印象です。
そんな男子に相手にされるには、陰険なオーラは禁物。明るいオーラこそ一筋縄ではいかない男子を捉えるきっかけになります!会ったときに相手も笑顔にできるような、明るいオーラと笑顔で接することが重要です。

2.否定せずあくまでも彼のイエスマンに!

ハイスペ男子は、特にプライドが高く否定されることが大の苦手。3高な男性ほど、周りから否定されることはないでしょう。そこで、あなたもハイスぺ男子を受け入れる女性になってみませんか?ただし、それだけで振り向くほどハイスペ男子は一筋縄ではいかないですよ。

相手が間違っていることでも、その状況の時は「確かにそうだよね」と優しく声をかけてあげましょう。彼のイエスマンになっても、ハイスペ男子なら自分でその欠点に気付くのも早いはず。しかし、ただのイエスマンを求めているわけではありません。それこそ一筋縄ではいかないです。「これはさすがに違う」という時は、同意した上で「私はこう思うけどね」と一言付け足すと良いでしょう。

3.たまには助言をすることも必要

一筋縄ではいかないハイスペ男子は、イエスマンを作りたがる傾向にありますが助言を相手に求めることもあります。「○○君って素敵だよね」という誉め言葉があるとして、言われた側からすればうれしい以外のものはありません。しかし、無意識のうちに「告白したら私のことを好きになってね」という意味も込められていて、ハイスペ男子はそれに気づいているのかもしれません。
「こうしたほうがいいよ」という助言ではなく、「こうすればこういう風になるんじゃないかな?」とあくまでも相手の答えを導けるような助言をしてあげるのがベスト。一筋縄ではいかないハイスペ男子だからこそ、自分なりに問題を解決するのは得意ですからね。

4.リアクションがないからこそ

彼に好かれようと思って、努力をしたいというのは当たり前の話です。しかし、一筋縄ではいかないハイスペ男子は、努力をしたとしてもリアクションをくれません。それは、周りに同じような人がたくさんいるからです。
「○○君のために好きなメイクを変えてみたよ」「最近ジムに行って体鍛えてるんだ!」等あくまでも相手のためにしていることを伝えるのが重要です。「俺に好かれるためにやってるんだな」と勘違いするかもしれません。しかし、ナルシシズムが強いのも特徴の一つなので、相手が好きだというアピールは欠かさず行いましょう。

5.清楚な女性こそ振り向く秘訣

清楚な女性というのは、男性からすれば憧れる存在でもあります。「清楚で尽くしてくれる女性」というのを理想の女性像として掲げている人も多いのではないでしょうか。一筋縄ではいかない男性でも、清楚な女性なら少し振り向いてくれる可能性も高まることでしょう。
純粋なイメージがあれば、何も経験していないかのような、うぶな恋愛をすることができます。清楚な女性=未経験者というイメージもぬぐえないので、一筋縄ではいかない男性はあなたを攻略したがることでしょう。守りたくなるような、そんな女性になることも重要かもしれません。

6.自分磨きに徹底する

一筋縄ではいかないからこそ、自分磨きに徹底するということは最重要項目です。相手が振り向いてくれない攻略が難しい男性こそ、自分から振り向かせに行く努力をしなければなりません。「家事、料理、仕事、趣味」等の分野で、活かせる部分は非常に多く存在します。
一筋縄ではいかない男性は、結構ライバルが多いのでそのライバルよりも特筆すべき何かがないといけません。何か自信を持てるものを探して、周りに引けを取らないような女性になることを心がけましょう。その男性を目の前にしたときに、「私は完璧な女よ」といえるくらいまで成長することが重要です。

おわりに

一筋縄ではいかない男性は、「安らぎ」と「安定」を求めています。精神的に不安定な女性だと、相手から自然と離れてしまうでしょう。しかし、時には頼りにしたいと思う男性もいるようで、自分が気を張って生きている限り頼りがいがある女性を求める傾向にあります。仮に家庭を持った時は、刺激的な生活ではなく安定的な生活を求めることでしょう。
簡単に振り向くほど一筋縄ではいかない男性は、サポートする存在になることによって振り向いてくれることでしょう。自分磨きをしたり、オーバー気味なリアクションを取ったりしてみても良いでしょう。彼を惹きつける何かが存在すれば、振り向いてくれます。仮に振り向かなくても、時間と努力は無駄にはなりません。

関連記事