好印象

2021.02.28

ドキドキしちゃった♡男性が思わず惚れる「好印象なLINE」とは

誰かと連絡を取り合うときに使うツールで多いのがLINEだと思います。
気になる彼とLINEをするならば、相手が惚れるような好印象なLINEをしたいですよね。
今回は、男性が思わず惚れる「好印象なLINE」をご紹介します。
気になる相手とLINEをするときには、堅すぎず緩すぎないLINEを意識しましょう。
マナーを気にしすぎてお堅いLINEになってしまうと、心を開いてくれていないような、心の距離を感じます。
逆に緩すぎると、マナーがない、人の心に踏み込んでくるという印象を受けてしまいます。
そうならないように相手との距離感を考えて、丁度いいLINEを意識しましょう。
絵文字やスタンプは女性らしく、柔らかい印象のLINEになります。
絵文字をあまり使いすぎると、目がチカチカするようなくどいLINEに見えてしまいます。
ひとつの文に1つ~2つ程度の絵文字を意識するといいでしょう。
スタンプも連投は避けて、その時の文章にあったスタンプがあった場合のみに送信するといいです。
LINEの始まりには相手を気遣う文をいれましょう。
例えば、「お仕事お疲れ様!この間話をしていたご飯屋さんに行ってきたよ。」のような感じです。
「お仕事お疲れ様」のように相手を気遣う一言をいれることで、相手のことを考えることが出来る人という印象になりますし、嬉しい気持ちになります。
相手に合わせて文の長さを変えると相手に「LINEしていて気を遣わない相手」という印象を与えることができます。
相手が長文でLINEするタイプの男性であれば、長文で返信し、短文でのLINEであれば短文で返信しましょう。
相手が長文でLINEを送っているのに短文で返信すると「LINEするの面倒くさいのかな」という気持ちにさせてしまいますし、短文でLINEがきたのに長文で返信すると「性格が重い子なのかな」という印象を与えてしまいますよ。

今回は「好印象なLINE」についてご紹介しました。
普段連絡を取るのに使っているLINEを少し工夫することで、彼に好印象を与えちゃいましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事