2021.03.06

長続きカップルはやってる♡円満に仲直りする方法って?

恋人と喧嘩をしたことはありますか?

好きだからこそ相手の言動にイラっとしたり、意外と些細なことでも喧嘩になりやすいですよね。

しかし、喧嘩は別れに繋がってしまうこともあるので、できることならしたくないもの。

では、長続きしているカップルは喧嘩をした時に、どうやって仲直りをしているのでしょうか。

今回は、長続きカップルの仲直り方法をみていきましょう!
カップルがどんな理由で喧嘩をするのか気になりませんか?

まずは、カップルの喧嘩の原因をみてみましょう。

・嫉妬や束縛
・価値観の違い
・連絡が遅い
・記念日を忘れる
・性格が合わない

など、多くはこのような理由で喧嘩をしてしまいます。

相手に期待していたり、自分の気持ちに気付いてもらえなかったりすると、つい相手に素っ気ない態度を取ってしまい、喧嘩になってしまいますよね。

では、喧嘩をしてしまったら、どうやって仲直りすればいいのでしょうか。
あなたは恋人と喧嘩をした時に、どうやって仲直りをしますか?

相手が謝ってくるのを待ったり、しびれを切らして自分から謝ったりなど、様々なケースがありますよね。

喧嘩はどちらから謝ってもいいのですが、ただ一つ問題なのが、『喧嘩が長引いてしまう』ことです。

喧嘩が長引いてしまうと気まずい状況が続き、最悪の場合、自然消滅してしまうおそれがあります。

そうならないためにも、効果的な仲直り方法を知りたいですよね!

次に、長続きカップルが実践している、仲直りの方法をご紹介するので、参考にしてみてくださいね!
長続きカップルの仲直り方法を4つご紹介します!

・自分から謝る

長続きカップルは、自分が悪くなくても自ら謝ることが多いです。

相手の方が悪いと思っていると、自分から謝るのは嫌ですよね。

しかし、相手も自分よりもあなたの方が悪いと思っている場合があります。

この場合、どちらかが先に折れなくては、喧嘩が長引いてしまいます。

なので、自分が悪くない場合でも先に折れることで、すぐに仲直りすることができ、険悪な雰囲気になりにくいですよ。

・手紙で謝る

なかなか素直に謝れない時は、手紙で謝るのもおすすめ!

手紙なら直接謝るよりも恥ずかしさを感じにくいので、自分の気持ちを伝えやすいです。

本音を伝えることができるので、お互いの気持ちがわかり、喧嘩をしても円満に解決することができますよ。

・相手を責めない

長続きカップルは、相手を責めたりしません

たとえば、相手が浮気をしたりなどで、完全に向こうに非があっても責めてはいけません。

責めてしまうと相手は嫌な気持ちになり、謝りにくくなってしまいますし、喧嘩が酷くなるおそれがあります。

悪いのは自分が一番よくわかっているので、責めないで穏やかな口調で話し合いをしてくださいね。

・その日のうちに謝る

その日のうちに謝ることも大切!

喧嘩をしたまま時間が経てば経つほど、謝りにくくなってしまいます。

些細なことでの喧嘩ですら、長引かせると別れのきっかけになってしまうことがあるので、喧嘩はその日のうちに終わらせてくださいね。
喧嘩をしても引きずらないようにしましよう!

どういうことかというと、昔した喧嘩のことをぐちぐち言ったり、「あの時こうだったよね」と、相手が昔したことを責めたりしてはいけないということです。

喧嘩したことを引きずり蒸し返すと、火種がどんどん大きくなり、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

喧嘩した内容は仲直りしたその時に終わりにし、引きずらないようにしてくださいね!
付き合っている以上、喧嘩をしてしまうのは当たり前のことです。

喧嘩をするからこそ、相手の気持ちをより深く知ることができますよ。

しかし、喧嘩は長引かせると別れに繋がってしまうおそれがあります。

別れないためにも、今回ご紹介した方法を試し、円満に解決できるよう行動してみてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連記事