2021.03.06

本当は甘えたいのに…「甘え下手な女性」も簡単にできる甘え方を紹介♡

うまく甘えている女性を見るとなんだか嫉妬してしまう。私もうまく甘えたいのになかなか甘えられないという女性も多いのではないでしょうか。上手く甘えるということにはコツがあります。今回は上手く甘えたいのに甘えられない女性へ、どういうマインドセットで入ればいいのかということを解説します。
まず最初の考え方として、甘える事は悪い事じゃないということを胸に刻んでおきましょう。うまく甘えられないという人は、甘えること自体に罪悪感を抱いている人が多いのです。甘えることは悪いこと、甘えることはずるいこと。そんな考え方をしているとなかなかうまく甘えられないのも納得がいきますね。

うまく甘えることは、あなたを楽にします。自分が楽だと周りにも気を配る余裕ができ、結果的にみんなが幸せになります。だから甘えることをずるいことなんて思わずに、あなたも精いっぱい甘えていいのです。しかしちょっとコツを押さえておきましょう。
上手く甘えるにはコツがいります。痛いのは誰かれ構わず甘えないというところです。例えばプライベートで友達に甘えるのはいいのですが、仕事場で同僚に甘えるのはちょっと違いますよね。うまく甘えられる人というのはこの使い分けがとても上手なのです。また甘えられることを嫌がる人も多くいます。

そんな人に対してかまわずに甘えていると、人間関係に支障が出てしまいます。ちょっと軽く甘えてみて相手の反応を良く観察してください。嫌がっているようだったらすぐに辞めることが大切です。この見極めが、うまく甘えられる人とただの迷惑な人の違いになります。 
甘えると言うと多くの人がイメージするのは、相手の体にボディタッチする光景ではないでしょうか。確かに男性の中には、このボディタッチに弱いという人は大勢います。しかし覚えておきたいのが、触られるとついつい許してしまうという男性ばかりではないことです。

触られることを極端に嫌がる男性もいます。また同じ女性であっても、妙に馴れ馴れしい人はなんだか嫌悪感を抱いてしまうという人が大勢います。甘えたいからといって、体に気軽に触れるのは十分親しくなってからにしましょう。
ここが今回の一番大事なところです。甘えるのとお礼を言わないのは全然違います。何か親切にしてもらったら絶対にお礼を言いましょう。うまく甘えられる女性はお礼を言うのがとても上手です。
うまく甘えられる女性は明るく可愛く、人から憎まれない性格を持っているというのが特徴です。なかなかそれを真似するのは難しいですが、まずは甘えることに慣れてください。ちょっとずつ練習すると、加減がわかってくるのでコツをつかめてくると思います。 
(ハウコレ編集部)

関連記事