2021.03.01

心臓がいくつあっても足りない...!男が絶対に【ドキっとしちゃう瞬間】

 
気になる男性に意識してもらうには、「これって恋かも?」と思ってもらわなければ始まりません。
今回はテクニックいらずでできる、男性が思わずドキドキしてしまう瞬間をご紹介します。
 
ボディタッチをするとドキドキしてしまうというのはよく聞きますが、実はやりすぎはNGなのです。
「慣れているのかな?」「遊びかな?」なんて考えてしまう警戒心の強い男性もいます。
そのため太ももなどのきわどい場所へのボディタッチはなるべく避けて、さりげなくボディタッチをするのがポイント。
呼ぶときに肩を叩いたり、服の裾や袖を引っぱってみたり、さりげないボディタッチが男性のドキドキを高めてくれます。
 
耳元で話すと、急に顔が近くなるので、ドキドキしてしまう男性が多いのだとか。
そんな機会ないよ……と思っている女性もいるかもしれませんが、耳元で話すタイミングは結構あります。
例えば居酒屋などの騒がしい場所ではなかなか声が聞こえず、大声で話してしまうかもしれませんが、そんなときに耳元で話すと自然な仕草なのであざといとは思われません。
また電車やバスなどの乗り物や図書館など、静かに会話をしなくてはいけないところでも耳元で話すチャンスです。
 
なんでも頼ってばかりの女性は、経済的にも精神的にも自立していないと思われてしまいますが、男性は基本的に頼られることに喜びを感じます。
「これお願いしたいんだけど……ダメかな?」なんて可愛く頼られたときには、ドキドキが止まりません。
お願いを聞いてくれたときは「ありがとう。」と笑顔で言ってあげてくださいね。
さらにドキドキしてしまいます。
 
王道ですがやはり上目遣いでじっと見つめられたら、ドキドキが止まらないのが男性の心理。
大勢のいる場所で見つめられるよりも、二人っきりのときの方が意識してしまう男性が多いのだそう。
 
男性がドキドキするのは意外と単純なことなのかもしれません。
気になる男性に早速試してみてはいかがでしょうか。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事