2021.03.01

一分一秒を大切に♡彼女持ち男性が思う【本当の幸せ】とは

 
彼女がいても幸せを感じられなかったら、きっと男性は新しい出会いを求めたくなってしまいますよね。
大好きな彼には自分がいることで幸せだと思ってほしいものです。
男性はどんなときに彼女がいてよかったな、幸せだなと思うのでしょうか?
 
付き合って間もないころは愛情表現も多いですが、長くなってくると減ってくるのは自然なことです。
しかし、全くしなくなってしまうと、「本当に好きなのかな?」とお互いが不安になってしまいます。
そのため「好き。」「愛してる。」と言葉にして伝えることはとても大切なことで、男性も幸せを感じることができます。
「いまさら恥ずかしいな。」という気持ちが生まれてしまうと、どんどん愛情表現をしなくなってしまいますよ。
 
付き合いが長くなってくると、やってくれて当たり前と思ってしまうことが増えてくるため、感謝の気持ちを伝えるのを忘れてしまうことも。
何か彼がしてくれたときは「ありがとう。」としっかりとお礼を伝えましょう。
感謝されることに生きがいと幸せを感じます。
 
自分の弱い部分を見せることがなかなかできないのが男性。
しかし信頼しているからこそぽろっと弱音を吐いてしまうことも。
そんなときに悩みごとを親身に聞いてくれ、何も言わずにそばに寄り添ってくれる彼女がいることは最高に幸せだなと感じるのです。
「男のくせに情けない!」と否定するようなことをいってはいけませんよ。
それは承知で信頼できるあなただからこそ話しているのですから。
 
日本人は真面目なので、具合が悪くてもなかなか言い出せず働いてしまうという人も多いですよね。
男性はとくに体調管理ができていないことはかっこ悪いなんて思っている人もいるので、具合が悪くても隠している人も多いのです。
そんなとき彼女から「顔色が悪いよ?大丈夫?」と声をかけてもらえるのは一番の薬といっても過言ではありません。
ちょっとした変化に気づいてくれる彼女に、細かいところまで気を遣ってくれる人がいて幸せだなと思うのです。
 
幸せな気持ちにしてくれる女性とはずっと一緒にいたいと思ってもらえます。
結婚を考えている人はぜひ実践してみてくださいね。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事