2021.03.03

慣れたら可愛い?塩対応男子がしがちな愛情表現とは

塩対応男子は、気になる女性がいても積極的にアピールできません。
しかし、恥ずかしがり屋な彼らでも、ちゃんとアピールしていることがあります。今回は、塩対応男子がしがちな愛情表現を4つご紹介します。
ぜひ参考にして、塩対応男子の気持ちを見極めましょう!
塩対応男子は、メールやLINEでのやりとりよりも、電話を好みます。
「電話の方が早くない?」と聞かれたらアピールと捉えてよいでしょう。
彼らなりに「あなたの声が聞きたい」「直接話したい」という気持ちをあなたに伝えているので、その気持ちを汲み取ってあげましょう。
塩対応男子は、自分から直接連絡をとるのが苦手です。
「とくに用事もないのに、連絡したら変かな」と感じています。
ですが、TwitterやInstagramなど、SNSの投稿にならコメントしやすいという声もあります。
「直接はあまり話したことがないけれど、SNSだとよく絡んでくるな」と感じたら、あなたのことが気になっているのかもしれません。
真剣な相談は、話をする方も、話を聞く方もパワーを使います。
そんな真剣な相談でも「話してみなよ」と言ってくれるのも、実はかなり深い愛情表現なのです。
「自分のことを頼ってほしい」という、さりげないアピールが含まれています。
塩対応男子からおいしそうなご飯の写真が送られてきたり、ご飯の写真を見せてくれたりしたら、かなり愛されている証拠です。
なぜなら「あなたと一緒に食べに行きたい」というアピールだからです。
「一緒に行かない?」と言うのは恥ずかしいので、あえてこのようにアピールしてきます。
意中の男性からこんな風に言われたら、積極的に誘ってみるとよいかもしれません。
今回は、塩対応男子がしがちな愛情表現を4つご紹介しました。
塩対応男子の本音を探るのは、簡単ではありません。
だからこそ、今回の記事を参考にして、彼らのアピールに気付けるようにしてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連記事