2021.03.15

実際どう?「付き合ってから好きになる」こともあるの?

付き合ってから、相手のことを好きになることもあるのでしょうか。

時々、「嫌いじゃないなら付き合って」という人がいますよね。

今の時点では恋愛感情としての好きはなくても、別に嫌いじゃないな……という関係性の相手って、意外と多いような気がします。

そういう人に告白されて付き合ってみたものの、本当に好きになれるものなのでしょうか。

ここでは、「付き合ってから好きになった」ことのある人の意見を紹介していきます。

早速、見ていきましょう。
まず結論を言ってしまうと、付き合ってから好きになることは普通にあります。

私自身も、過去に経験がありますよ!

知り合って数回食事に行った男性から告白されたのですが、その時点では正直まだ迷っていて。

私のそんな気持ちに気づいた彼は、「嫌いじゃなければ、とりあえず付き合ってみてくれないか」と言ったので、それなら…...と付き合ってみることにしたのです。

その後恋人として何度かデートをするうちに、彼の誠実さや恋人に対する特別さを知り、いつの間にか好きになっていました。

私のような経験をしたことのある人も、意外と多いのではないでしょうか。
実際に付き合ってから相手のことを好きだと気づいた人は意外と多いのですが、一体どんなことをきっかけに「好き」と気づいたのでしょうか。

私の場合は、恋人として一緒にいることで徐々に相手のことをいいなと感じるようになりました。

私のことを想ってくれていることがひしひしと伝わってきて、そういう気持ちに惹かれていった、というと分かりやすいかもしれません。

私が独自に、「付き合ってから好きになったことがある人」に好きだと気づいたきっかけを聞いてみたところ、これだ!という分かりやすいきっかけがあった人はあまりいませんでした。

ちょっと意外ですが、一緒にいるうちに特別な存在になっていた、と感じている人が多いということですね。

実際、私もそうですし。

こうしてみると、告白された時点では恋愛感情としての好きという気持ちがなくても、付き合っていくうちに好きになることは珍しくないことだと言えるでしょう。
付き合ってから好きになることはあるのか?について、お話しました。

付き合ってから相手のことを好きになることは、決して珍しいことではありません。

相手のことをより深く知るという意味でも、付き合ってみないと分からないことはたくさんありますからね。

自分の気持ちに正直に向き合っていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事