2021.03.09

気づいてくれ…!男性が好きな人に送る「脈アリLINE」の特徴!

男性が好きな人に送るLINEの特徴にはどんなものがあるのか、紹介していきます。

男性はLINEを単なる連絡ツールと捉えている人が多く、女性ほどマメにLINEをしないという人も多いです。

しかしながら、元々LINEの少ない男性でも、好きな人へのLINEにはしっかりと特徴が現れるもの。

一体、どんな特徴があるのでしょうか。

男性が好きな人に送るLINEの特徴は、こちらです。
男性が好きな人に送るLINEの特徴1つ目は、相手への気遣いがあるということ。

LINEの頻度やペースは、実はあまり関係ありません。

というのも、仕事の都合などで返事がすぐに出せないこともありますし、お互いの生活リズムが違えばLINEが続かないことも少なくないですよね。

大人になれば、LINEの量が減るというのは、ある意味当たり前のこと。

だからこそ、好意を見極めるポイントは頻度よりも気遣いなんです。

LINEがすぐに返せなかったときなどに、「遅くなってごめんね」などの一言があるのとないのとでは、印象が全然違いますよね。

LINEは言葉ではなく文字なので、意図せず冷たい印象を与えてしまうこともあります。

相手がLINEを見て嫌な気持ちにならないような配慮があるのは、男性が好きな人へ送るLINEの特徴だと言えるでしょう。
男性が好きな人に送るLINEの特徴2つ目は、自分の話をするということ。

そもそも男性はLINEを連絡ツールと捉えているので、用事がないときにLINEをすることは滅多にありません。

それでも好きな人へは連絡をしようかな、と思うのですが、何を話していいか分からない、なんてことも。

さらに男性は、好きな人には自分のことを知って欲しいと思う気持ちが強いため、LINEでも自分のことを話すことが増えるようです。

自分の好きなことや趣味、やっている仕事のことなど内容は様々ですが、「自分のこと」を積極的に話してくるのは、相手が好きな人だからに他なりません。

好きな人以外へは、用事があるとき以外はLINEをしないため、非常にわかりやすい特徴だと言えますね。
男性が好きな人に送るLINEの特徴について、お話しました。

男性は元々LINEをコミュニケーションツールと捉えていないからこそ、好きな人へのLINEにはその特徴が顕著に現れるもの。

絵文字やスタンプがない、すぐに返事が来ないとしても、気遣いや積極性などが感じられる場合は、好きな人へのLINEの可能性が高いと言えそうです。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事