2021.03.08

実はメリットがたくさん!「女の子らしく」なれる方法4つ

よく「女の子らしくしなさい」と昔から言われてきた人はいませんか?今は性別で判断するのはよくないことですが、それでも女性は女の子らしくすることで大切にされることがあるのも事実です。ではどうすれば女の子らしくなれるのでしょうか。
ちょっと抵抗を感じる人もいるかもしれないですが、基本的に男性は立てておいて悪いことはないです。そもそも日本は男性社会。男性を押し除けていこうとする女性は生意気だと思われてしまいます。表面では男性を立てて、自分の仕事をしっかりやっていけば、必ずあなたを認めてくれる人はいます。
これも先ほどの項目と似ているのですが、大人数で会議している時、分かっていても発言を慎む方がその場がうまくいくことがあります。あなただけが答えを分かっている時は、ちょっとさりげなくヒントを出して、手柄を他の人に譲りましょう。その優秀さは、見ている人は見ています。ちょっと控えめくらいでちょうどいいのです。
女の子らしさの代表はやはり細やかな気遣いでしょう。その優しさで話まりの人を癒してあげられたら、あなたはまさに理想的な女性です。困っている人がいたらサッと手をさしのべるには余裕が必要。いつも心がけておきましょう。
女の子らしさは言葉遣いもとても大切です。今は性別で区切るなんてナンセンスと言われていますが、女性が「お前」や「てめー」と言っていたらびっくりしてしまいますよね。綺麗な言葉は美人度もアップしてくれるので使わないと損ですよ。
女の子らしくするメリットが分からないという人もいますが、女の子らしさを出すと男性は優しくなります。優遇されることもたくさんあるので、うまく使い分けてみてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事