2021.03.13

別れやすいってマジ?!「同棲カップル」の半数が別れるそのワケって?


同棲したら別れやすくなるってよく耳にしますよね。
一見、幸せあふれるイメージがありますけども、実際のところ同棲して別れやすくなるのは事実なようです。

一体何が原因で2人を破局まで進ませてしまうのか、ちょっと気になりますよね。
そこで今回は、同棲したら別れやすくなってしまう原因について追求していきたいと思います!
いざ一緒に暮らしてみると、いい意味でも悪い意味でもお互い遠慮をしなくなってきてしまいますし、素が出てきてしまいます。

「今まではこうじゃなかった」、「突然彼が変わってしまった」なんてこともないとは言い切れないんですよ。
今まで見せなかった彼の一面も見えてきてしまうので、次第にそんな彼の嫌な一面ばかりが気になるようになってしまいます。
ふたりで朝から晩まで一緒に居られるのは幸せなこと
ですが、ふたりの時間が増えるということは、1人の時間がなくなってしまうということ。

1人の時間も時には必要ですし、1日中一緒にいると息が詰まるもの。
ワンルームでない限り、お互い別々の部屋で好きなことをする時間を設ける必要がありそうです。
最初はよくても、次第に悪い意味で彼との生活に慣れていってしまいます。
彼との生活に慣れてくると、刺激がだんだんとなくなってきてしまい、結果的にマンネリ化が進んでしまうんですよ。

マンネリ化が進むとと、彼の魅力にも気づけなくなってしまうので、ふたりの間に愛がなくなっていってしまうことも…
同棲をするということは、ふたりのお金事情も見えてくるということ。
いくらお金を持っているか、だけでなく、お金をどう使っているのかまで見えてきてしまうので、金銭感覚のズレも見えてくるでしょう。

金銭感覚を含む、ちょっとした価値観のずれも別れの原因になることもあるので、同棲する前にお互いの価値観について話し合っておくといいかも!
生活リズムというのは人それぞれです。
朝はゆっくり寝ていたいという人もいれば、早起きして準備を万全に整えたいという人もいます。

そんな生活リズムを相手に合わせようとしても、負担になるだけ。
いくら仲睦まじいカップルでも、生活リズムのずれだけで喧嘩の元にもなることもあるので、覚悟はしておくべき!

事前に生活リズムについて2人で話し合っておくと、後になってトラブルが起きる事もなくなるので、前もって話し合っておくといいかもしれません。
(ハウコレ編集部)

関連記事