2021.03.11

莫大な金額が発生!?結婚費用の内訳とリアルな金額をご紹介

これから結婚を控えている女性の皆さん!結婚にかかるお金ってぶっちゃけどのくらいだと思いますか?
100万円?300万円?それ以上…?

正直、高いのは分かるけど、いまいちピンと来ないという方が多いのではないでしょうか。というわけで今回は、これから結婚を考えている女性皆さんに向けて、結婚にかかる費用の内訳とリアルな金額についてご紹介していきます!
まずは皆さんも気になるであろう結婚費用の平均のお話から入りますが、その金額なんと、450万円程度とのこと!

皆さんの予想は的中しましたか?おそらくですが、思っていた以上に値段が張っていたと思います…
もちろんこの金額は、挙式やら新婚旅行等を含んだ金額ですし、地域や人によって変動はあります。

それにしても目を疑うような金額に違いはないですね…。それでは、結婚費用の450万円の内訳について見ていきましょう!
結納式とは、いわば両家が顔を合わせて婚約を確認する日本の儀式のこと。ぶっちゃけた話をすると、最近では結能式は省いているご家庭もあるようで。

結納式だけでも20万円はかかってしまうので、儀式としてというよりかは、「顔合わせ」として食事会を開く方も増えてきているんですよね。確かに、食事会で済ませられればかなり結婚費用は抑えられますもんね。
結婚費用の大半は挙式にあたります。結婚式にお誘いする人数によっても変わってきますが、およそ300万円が挙式にかかる金額と抑えておいてください。

人生に一度の挙式、ということもあり、挙式に充てる費用を抑えるという方はあまりいないそう。女性であれば、ウェディングドレスや演出にもこだわりたい!という方もいるでしょうから、抑えるなら他の項目で費用を抑えておきましょうか。
このご時世ですし、あんまり旅行する人はいないとは思いますが、新婚旅行も意外とお金がかかるんですよね。どこに行くか、どのくらい滞在するかによりますが、60万円が相場だそうです。

もちろん、旅費以外にも交通費やお土産代など細かい出費も重なってくるので、ハネムーン全体の旅費で考えれば、60万円後半が相場になってくるかと!
賃貸が決まっていれば引っ越し代だけでいいですが、決まっていなかったら引っ越し料金だけでなく、賃貸物件の初期費用も上乗せに…

初期費用は家賃の5倍程度と言われているので、7万円の物件を借りるとなると35万円はかかってしまうんですよね。ただ、初期費用はある程度抑えることも可能なので、極力初期費用は抑えめでいきましょう!
(ハウコレ編集部)

関連記事