2021.03.11

彼との添い寝はいいこと尽くし♡添い寝に隠された意外なメリットって?

突然ですが、皆さんは彼とくっついて寝ていますか?別々に寝ている、同じベッドだけどベタつきはしないという方もいるでしょう。

実は、彼との添い寝って2人の関係を深めるだけでなく、体に嬉しい効果も期待できるんですよ!というわけで今回は、彼との添い寝に隠された《意外なメリット》についてご紹介していきます。
彼と寝ることで安心できるのもメリットのひとつ。リラックスした状態で寝られるので、睡眠効率も向上できますし、その分体の疲れもいつも以上に癒せられます!

ただ、ベッドが狭いとお互いの寝相がストレスになるので逆効果。ベッドはやっぱりダブルぐらいがお互いにとっても丁度いいのかもしれませんね。
今まで添い寝してきてなかったという方は、騙されたと思って一度彼と添い寝してみては?
同棲しても別々の部屋で寝るとなると、せっかく2人きりの空間にも関わらず大人のコミュニケーションができなくなっちゃいます。

「別にしなくても平気」という方もいると思いますが、たまには深いコミュニケーションがあった方が2人の関係も深まりますよ!
そういった意味でも、添い寝ってやっぱり必要になってくるのかもしれませんね。
添い寝するとリラックスできるとお話ししましたが、お互いの関係に安心できる効果も期待できるんですよ。

2人の関係に安心できると、お互い変に意地を張ることもなく素直に接することもできるので、不満やストレスが溜まることもありません!
「そこ関係ないじゃん」と思いました?確かに添い寝と素直になれるって関係なさそうだけど、彼が近くに感じられるかどうかで接し方って変わってくると思うんですよね。
1人で寝ている時って、無呼吸になっていても気づかないものです。知らず知らずのうちに病が進行していた、なんてことも可能性としては考えられるんですよ…

でも、添い寝していれば自分の知らない症状に気づいてくれるかもしれないし、自分が気づいてあげることもできます。添い寝が命を救うという話も、なんらおかしい話ではないんですよね。
添い寝って睡眠効率向上とか2人の関係を深めるとか、意外と色々メリットがあるものなんです。

確かに、彼の寝相がストレスになる、いびきがうるさいのはデメリットとして挙げられます。でも、ベッドを広く使ったり、いびきの対策をしてあげれば、添い寝のメリットをフルに感じることができるはず!
(ハウコレ編集部)

関連記事