2021.03.16

なんか違うかも...【初デート】で合わないと感じたときの対処法って?

第一印象では相性抜群に思えたのに、初デートが今ひとつ盛り上がらない。悪い人ではないけど、何となくちょっと違うかな……。

こんな経験、1回ぐらいはあるのではないでしょうか。

初デートの印象は、意外とずっと引きずってしまうもの。何となく……という気持ちでずるずる付き合っても、別れるタイミングを失うだけで、あまりいいことはありません。

初デートで「この人とはやっぱり合わないかも」と感じた時の対処方法についてまとめてみました。
第一印象が最高だからといって、初デートも盛り上がるとはかぎりません。むしろ、第一印象が良すぎたからこそそれがハードルになってしまう、というパターンもあります。

初デートでよくあるがっかりシチュエーションについておさらいしておきましょう。
初デートでよくある失敗パターンです。女子としてはいきなりべらべらしゃべると引かれてしまいそうでしばらく様子を見ていたら、彼のほうも話し下手で沈黙ばかりがつづいてしまう……。

初デートで緊張はつきものですが、度が過ぎるとお互いにきまずくなってしまいます。

ドキドキからくる緊張なのか、それともただ単に白けているだけなのか。彼が緊張しているなら女子のほうから空気を読んで話題を振ってみると意外に盛り上がるかもしれません。
デートがうまくいくかどうかは、段取り次第です。ただ、初デートだとお互いの性格や好みがわからないのでプランもうまく組み立てられず、大ざっぱな彼だとケンカになってしまうことも……。

そうかといって彼女のほうが仕切り屋になって、何から何まで決めてしまうと彼のプライドが傷ついてしまいますので、バランスが難しいところです。

初デートでは彼にまかせつつ、さりげなく彼女のほうがリードしていく……ぐらいの感じがちょうどいいかもしれません。
初デートの印象と第一印象が違いすぎてがっかり、というのもよくあるパターンのひとつです。第一印象が良すぎるからこそ理想ばかりがふくらんでしまい、初デートのほんのわずかな違和感が大きながっかりポイントにつながってしまいます。

言葉遣いが雑だったり、カバンの中身が汚かったり……彼から知らないうちにがっかりされている可能性もありますので、油断しないように気をつけましょう。
初デートで彼にがっかりしたら、別れるべきなのでしょうか。

がっかりポイントがあなたにとって決定的なものであれば、きっぱりと見切りをつけて別れることも選択肢のひとつでしょう。

ただ、深く付き合わないとわからないことがあるのも恋愛の面白いところ。「イメージが違うのはお互い様」という気持ちでしばらく付き合ってみるのもアリかもしれません。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事