2021.03.16

話したいのに隠れちゃう…!「好きさけ」しちゃう心理と男性からの意見って?

彼のことがすごく気になっていて声も聞きたいのに、いざ彼が近くにくるとついつい隠れたくなってしまう……「好きさけ」って、どうして起きちゃうんでしょうか?

好きだけど何となくさけちゃう。恋愛でチャンスを逃さないためにも、「好きさけ」の心理と対処法について掘り下げていきましょう!
恋愛ではあるあるになっている「好きさけ」。「好きさけ」は実は、心理学的にも根拠があるんです。

「反動形成」という言葉をご存じでしょうか。恋愛心理学でも出てくる用語で、「本心を強く押し隠そうとするあまり、相手に対して正反対の行動を取ってしまう」ことを表しています。

幼稚園や小学校の頃によく、好きな子にかぎってあえて意地悪をしたり、冷たく接したりする人がいますが、それも反動形成の一種です。

「好きさけ」もその心理の延長線上で、大好きな彼に本心を知られたくないと思うほど彼と距離を取ってしまい、最後には彼のほうから離れていってしまう……ということにもなりかねません。

「好き」という気持ちが強いほど反動形成は強くなり、好きさけも出やすくなってしまいますので、本音を表すのが苦手な女性は特に要注意です。
女子の「好きさけ」は、男子から見てどうなのでしょうか。ここからは男子の目線から「好きさけ」について見ていきましょう。
女子の好きさけは男子の間でもけっこう人気が高く、「シンプルに可愛らしくて好感が持てる」という声も多いようです。

誰でも、好きになってもらうことは素直にうれしいものですし、相手がその気持ちを一生懸命隠そうとしているんだということが伝われば、たとえ気持ちがなかったとしてもだんだんと好きになっていきます。
恋愛の駆け引きが苦手で、「気持ちはストレートに伝える」というタイプの男子にとって、好きさけはちょっと面倒くさく感じられるかもしれません。

好きなのにいちいち隠れられたり、素っ気なくされたりすると本当の気持ちがわからなくなってしまい、せっかちな男子だとイライラしてしまいます。

好きさけのせいでせっかくの両想いが台無しになってしまうこともありますので、恥ずかしい気持ちもわかりますが、好きさけもほどほどにしておきましょう。
大好きだからこそついつい隠れたり、冷たくしたりしてしまう「好きさけ」。恋愛ではよくあるパターンですが、男性から見た印象はふたつに分かれています。

好きさけされて胸キュンする男子もいればちょっと面倒くさい、子どもっぽいと感じる男子もいるので、彼のタイプを見きわめてから作戦を立てましょう。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事