2021.03.16

彼が急に冷たくなった...!「好き避け」の男性心理に迫ります!

ずっと仲良く遊んでいたはずなのに、彼が急に冷たくなった……それ、もしかしたら「好きさけ」かもしれません。

男性と女性では、「好きさけ」にも違いがあるのでしょうか。微妙な男性心理に迫ります!
大好きだからこそついつい距離を取ったり、ちょっといじめたくなったりしてしまう「好きさけ」。

気になる彼が急に素っ気なくなったけど、もしかして嫌いなのかな……?

ちょっとわかりにくい男子の「好きさけ」のパターンを掘り下げていきましょう!
人見知りをこじらせているタイプの男子によくある「好きさけ」のパターンです。

本当は大好きな彼女としっかり視線を合わせて会話もしたいのですが、気持ちを知られたくないという心理が先に立ってしまい、「あえて視線をそらす」という行動に出てしまいます。

大人数ではもちろんのこと、少人数でもめったに視線を合わせてくれないので、思わず「嫌いなのかな」と勘違いしてしまうパターンです。
グループの中でリーダーシップを取っている男子にありがちな「好きさけ」のパターンです。

「好きな子には意地悪したくなる」という典型的なパターンで、本心を知らない女子から見ればただのイジリですし、もともと印象が悪ければいじめで終わってしまうこともあります。

ただ、それは大人数での話で、ふたりきりの場面では別人のようにおとなしくなったり、優しくフォローしてきたりするので、女性としてはますます訳がわからなくなります。
「好きさけ」と「嫌いさけ」はよく似ているようですが、実はまったく違います。

ここからは、ふたつの見分け方についてチェックしていきましょう。
気になる彼のじれったい行動が「好きさけ」なのか「嫌いさけ」なのか見きわめたい場合は、とりあえずLINEを送ってみましょう。

彼が好きさけだったなら、LINEはわりと早く返してくれるかもしれませんし、普段からこまめに連絡を送ってくれているはずです。

反対に、LINEでも返信が遅かったり、めったにLINEをくれなかったりする場合は、「嫌いさけ」というか、たんなる脈なしサインかもしれません。
男子はプライドが高い分、女子よりも「好きさけ」のサインがわかりにくいかもしれません。

一緒にいてもなかなか視線を合わせない、大人数でいる時にやたらしつこくイジってくる……。

好きさけの典型的なパターンで、女子のほうから積極的にアピールすれば案外うまくいくかもしれません。

ただ、好きさけだと思ったら嫌いさけだった……ということにならないように、彼の微妙なサインを敏感に読み取りましょう。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事