2021.03.16

落ち着いた恋愛がしたい♡「子どもっぽい彼氏」をオトナ化する方法って?

大人の恋愛に憧れているけど、彼氏が子どもっぽくてなかなかいい雰囲気にならない……子どもっぽい彼氏はピュアでやさしいのですが、時々ちょっと物足りなくなることも。

子どもっぽい彼氏も、あなたの態度次第で大人の男子に変身してくれるかもしれません。子どもっぽい彼氏の特徴と彼氏を変えるための対処法についておさえておきましょう。
ひと口に「子どもっぽい彼氏」といっても、さまざまなタイプがあります。まずは、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。
子どもの頃の純粋さをそのまま持っている彼氏は、大人になってからもいつも無邪気で楽しそうな雰囲気を大切にしています。

このタイプの彼氏なら、一緒にいてもポジティブな気分でいられますし、ケンカにもならないので安定した関係が長くつづきます。

トラブルも一緒に楽しみたい、という女子にはぴったりの彼氏かもしれません。
子どもっぽい彼氏の悪いところが出てしまっているパターンです。

このタイプの彼氏は基本的な常識やマナーが身についておらず、しかも「いつも自分が中心」と思っているため、注意されても直そうとしません。

デートでもそんな調子なので、彼女としては恥ずかしい気持ちになってしまいます。

いつもケンカになるので彼女のほうがあきらめてしまうか、「もうやってられない」と見切りをつけてしまうか……いずれにしても、あまりいい関係とは言えません。
子どもっぽい彼氏に大人になってもらう方法はあるのでしょうか?
子どもっぽい彼氏は、もともと基本的な常識やマナーを知らずに育ってしまったのかもしれません。

本人はもう「それでいい」と思って暮らしているので、彼女のほうがひとつひとつ基本的な常識やマナーを教えていけば、少しずつ変わってくれるはずです。

はじめのうちは面倒くさいかもしれませんが、彼氏のためだと思って時間をかけてあげましょう。
責任、役割という言葉が苦手な子どもっぽい彼氏。

ただ、だからこそあえて彼氏に重要な役割や重い責任を与えることで「しっかりしなさいよ」というメッセージにもなりますし、彼氏自身が「このままじゃいけないかも」と気づくきっかけになるかもしれません。

もちろん、彼氏がつまずくことも想定して、フォローの方法もちゃんとイメージしておきましょう。
いつも楽しい気分にしてくれる、という面もありますが、子どもっぽい彼氏には常識やマナーがなかったりして、彼女のほうが時々恥ずかしい思いをしてしまうことも……。

時には甘やかしたり、時には突き放したり。つかず離れずの距離感でメッセージを送りつつ、彼氏を少しずつ変えていきましょう。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事