2021.03.17

いつの間にかラブラブに♡全然「タイプじゃない男性」を好きになっちゃう心理って?

スタイル抜群のイケメンがタイプだったはずなのに、付き合う彼氏はなぜかいつも正反対のタイプ……不思議なことですが、恋愛ではけっこうあるものです。なぜ、恋愛でも理想と現実がズレてしまうのでしょうか。

女子が気になる、恋愛の七不思議に迫ります!
付き合うならイケメンでやさしくて、仕事もできてお金もしっかり稼げる……恋愛経験が少ないほど、理想がついつい大きくなってしまうもの。

ただ、いざ付き合うとなるとどういうわけか理想とは真逆のタイプの男性を選んでしまう、というのも恋愛の真理。

実はそれ、心理学的にもちゃーんと証明されているんです!

恋愛でも理想と現実がズレてしまう本当の理由について検証していきましょう!
恋愛にかぎらず、人生には加点法と減点法があります。

100点からスタートして、不満を見つけていくのが減点法。

0点(あるいはマイナス)からスタートして、いいところが見つかったらその都度プラスしていくのが加点法。

今回のテーマにあてはめれば、タイプじゃない、という時点でゼロ以下のスタートとなるわけです。

もちろん、そのまま加点されなければ「やっぱり期待はずれだった」ということで終わるのですが、いざ付き合ってみると意外にいいところや予想外のポイントが見えてきて、いつの間にか100点に近づいていたりします。

最初の期待値が低い分、ひとつひとつの加点の影響は大きく、普通ならたいしたことないのにギャップ効果で好きになってしまう、というパターンモ多いようです。
恋は錯覚の産物、恋愛は妥協の産物……という言葉があります。頭の中ではいくらあれこれ妄想を広げ、理想をふくらませていても、本当に付き合う相手となるとある程度妥協して現実的なラインを選んでしまう、ということのようです。

妥協というとネガティブに感じられるかもしれませんが、必ずしも悪いわけではなく、妥協で付き合った彼氏が生涯のパートナーになった……というパターンも決してめずらしくはありません。

「思い過ごしも恋のうち」という歌が昔流行りましたが、実は「妥協するのも恋のうち」なのかもしれませんね!
恋愛で理想と現実がずれていたら、どうすればいいのでしょうか。

思い切って別れて、本当の理想の彼氏を探すのもひとつの選択肢かもしれません。しばらく付き合っても気持ちが盛り上がらなければ、次の恋に目を向けたほうが気分も前向きになるでしょう。

ただ、運命というのは不思議なものです。たとえ理想ではなくても、彼氏に少しでも気持ちがあるのなら、いいところに目をむけてみるのもいいかもしれません。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事