2021.03.15

【いつまでもオバサン認定されない人】がやめてること4つ

年齢を重ねるのは悪いことではないけれど、せっかくなら若々しくいたいですよね。

男性からしても、月日に流されるまま老けてしまう女性を、恋愛対象として見れなくなってしまうようです。
今回は【いつまでもオバサン認定されない人】がやめてることを、4つご紹介します。
リアクションが大きい女性は、話していて楽しいので男性にも人気です。

しかし、口を大きく開けすぎたり、手を叩いたりするのは逆効果です。

男性からすると「恥じらいがないのかな?」と感じてしまいます。

「まるで母親と話しているみたいだな」と思われてしまう可能性もあります。

リアクションは大切ですが、品のあるリアクションを心がけましょう。
年齢を重ねると、次第に増えてくる肌のシミやシワを隠したいですよね。

しかし、メイクで無理やり隠そうとすると、たちまちおばさん認定されてしまいます。

ファンデーションは厚塗りを避けて、リップやチークもナチュラルにしておきましょう。シミやシワが隠しきれなかったとしても、年相応の方がよっぽど美しく見えるのです。
無意識にため息をついてしまうことに気付いたら、一刻も早くやめましょう。

ため息をつくことで、周りの人に、疲れているという印象を与えてしまいます。
また、ため息をついているときの顔は、美しいものではありません。
老け顔に見えてしまうので、上手にストレスを発散して、気持ちに余裕を持ちましょう。
猫背になってしまい、姿勢の悪い人は、一気に老けて見えてしまいます。
気になる人からは、綺麗な自分を見てもらいたいですよね。
日頃から鏡やショーウィンドウなどに映る自分の姿を見て、よい姿勢を保ちましょう。

今回は【いつまでもオバサン認定されない人】がやめてることを、4つご紹介しました。
当てはまるものが一つでもあれば、ぜひ改善して若々しさを取り戻しましょう!

(ハウコレ編集部)

関連記事