2021.03.20

【ドライブデート】それはちょっと......ドン引きした彼女の3つの行動って?

彼の運転で楽しいはずのドライブデートも、彼女のちょっとした行動で、彼の気持ちがドン引きしてしまうこともあります。
何気なくしていることでも、彼にドン引きされてしまったら、これからの関係にヒビが入ってしまうこともあるでしょう。

実際にドライブデートでドン引きした経験のある男性に聞いた、ドン引きしてしまった彼女の行動をご紹介します。
ふたりのデートの時間を楽しもうとしていても、彼がいなくてもできることを優先されてしまうと、「俺が運転しているのはスマホをいじるため?」と不満が生じやすくなります。

もちろん、お店や観光スポットなど、これからどこにいこうか調べたり、ふたりでわくわくするための情報を得るためにスマホをいじっているなら問題ないでしょう。

ところが、話もまともにしないでスマホばかりいじっていると、まるでデートが楽しくないように見えてしまい、早くデートを切り上げて帰りたいと思う男性も多いです。
付き合い始めの頃はグッとこらえていても、なれ合いが出てくるころになると、正直に文句を言ってしまいがち。もちろん素の部分を出せるのはとてもいいことですが、ドライブデートでNGなのは、渋滞に文句をいうこと。

ドライブデートは渋滞にはまってしまうことも当然ありますし、思うように移動がスムーズにいかないこともよくある話。

運転している彼も、渋滞にはまると気持ちがげんなりして運転も気を遣います。
運転に気を遣って頑張っているのに、助手席で「どうして進まないの?」「遊ぶ時間減っちゃうじゃん」など、文句ばかりを口にするのは、彼がドン引きしてしまうリスクを伴うので、注意が必要です。
彼が頑張って運転してくれているのに、運転にケチを付けてしまう女性もいます。

良かれと思ってアドバイスをしたつもりでも、運転に関して女性から口を出されるのは、男性にとっていい気分にはなりません。

「そこは車線変えた方がいいんじゃない?」「もっとスピード出して」など、横から「いろいろと言われるのは、彼にとっても嫌気がさしてしまうでしょう。

もし彼の運転に言いたいことがあるときは、「車線変えないのは何かこの先にあるの?」など、疑問形にするのがおすすめです。
彼とドライブデートに行くと、運転に惚れてしまったり、楽しい思い出ができて、とても楽しい気持ちになりますよね。
ですが、ちょっとしたことで彼の気持ちがげんなりして、「この子とは一緒にドライブに行きたくない」と思われてしまうと、関係にもヒビが入る可能性を高めます。

もし彼とのドライブデートでドン引きされたくない…...と思ったら、ぜひ参考にしてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事