2021.03.23

「遠距離」なんて関係ないよ!離れていてもふたりの絆を育てるポイントって?♡


遠距離恋愛だと会える時間も限られているし、お互いの顔が見えない分、浮気してないかな?元気にしてるかな?と不安に思うことってありませんか?

信用しようと思っても心のどこかで心配したり、疑ったり、いろいろな感情が沸いてくるのが遠距離恋愛。

距離がどんなに離れていても、会えない時間がふたりの絆を育てることができます。
安心して彼との関係を楽しめる、遠距離恋愛でふたりの絆を育てるポイントをご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。
遠距離恋愛では、1ヶ月に1回会えればいい方というカップルはたくさんいます。
なかには半年以上会えないカップルもいて、それぞれ会える頻度は差があるのが事実。

会える時間が少ないからといって特別なデートにする必要はありません。
「この子と一緒にいられるなら、また頑張ろう」と思えることで、より素敵な時間にすることができます。

せっかく会えたのに、「またしばらく会えなくなるの?」なんて話題になると、会うことが辛くなってしまうことも。

会える時間を思いっきり楽しむことが、会えない時間にふたりの絆を育てることに繋がります。
恋愛においてルールは束縛や重たい恋愛になりがちですが、遠距離となると状況が違ってくるのです。
喧嘩をしたり、何か会ったときにすぐに会えるわけではないため、お互いが続けていけるツールを作ることで、より安心度が増して、会えない時間も不安が少なくなるでしょう。

例えば、お互いにざっくりと1ヶ月の予定を話す、会うときは交互に行き来する、寂しいときは電話するなど。

お互いにとってプラスに働くルールなら、何こ作ってもOK。

楽しみながら遠距離恋愛を続けていくポイントになります。
遠距離恋愛をしていて、心のそこから不安になってしまうのは、浮気をしてしまうことではないでしょうか?

距離が離れている分、相手が何をしているのか分からないことで、不安が大きくなってしまうのです。

好きな人を不安にさせるなんて、遠距離恋愛では絶対に避けたいところ。

連絡をしばらく返さなかったり、会う時間を作る様子を見せない、異性の影をちらつかせるなど、相手が不安になるようなことはしないのがコツ。

自分がされて嫌なことは、しないことがベストです。
遠距離恋愛では、会えなくて寂しい、すぐに別れてしまうなど、マイナスなイメージも多い恋愛ですよね。

マイナスなイメージばかりが先行してしまいますが、会えない時間にちょっとした心がけをすることや、相手を思いやることで、少しずつふたりの絆を育てることができるのです。

もし遠距離恋愛で不安だったら、ぜひ彼とルールを作ったり、会える時間を思いっきり楽しんで、ぜひ彼といい関係を続けていきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事