2021.03.23

負担になってるのかな...?彼氏に「会いたい」という時のNGな伝え方って?

大好きな彼氏となかなか会える時間ができない。そんな時、つい彼氏に「早く会いたい」と言ってしまう人は多いのではないでしょうか?

会いたい気持ちを伝えることは決して悪いことではありませんが、伝え方によっては「うざい、面倒くさい」と思われる可能性も。

彼氏の負担にならないためには、どのように伝えるのがベストなのでしょうか?
「会いたい」という言葉を頻発してしまうほど会えていない状況なのだとしたら、お互いの時間が合わないのか、彼氏が忙しくて会えないのかのどちらかでしょう。

会えないことが分かっているのに何度も会いたいと言われたら、彼氏としては「申し訳ない」という気持ちになってしまいます。それが何度も続いたら、負担になるのは仕方がないこと。なるべく頻発しないようにしましょう。
彼氏がとても忙しく、彼女との時間を作るのも難しい時期だった場合、「会いたい」という一言だけで彼氏にとってはストレスになってしまう可能性があります。

あれもしなきゃ、これもしなきゃという環境で、ただでさえ疲れているのに、「彼女との時間も作らなきゃ」という義務が生じてしまうとキャパオーバーになってしまうからです。

そんな彼氏の状況を考えずに、自分の気持ちばかりを押し付けるのは、控えたほうがいいでしょう。
「私のこと嫌いになったの?」「あなたは会いたいと思わないの?」など、相手を責めるようなネガティブな感情と一緒に伝える「会いたい」はとても重く感じます。

好きな人にこのように言われてしまっては、男性としては辛いものがあるでしょう。たとえ不満や不安があったとしても、しばらく我慢して、状況が落ち着いた時に冷静に話し合うようにしましょう。
「会いたい」という言葉が彼氏の負担になっているかどうかは、彼氏の返信メッセージである程度予測できます。

もし「俺も早く会いたい」や「この日だったら時間作れるかも」など、前向きなメッセージが返ってくる場合は、彼氏も同じ気持ちでいてくれている証拠です。

反対に、「ごめんね」や「まだしばらく会えないかも」など、マイナスな返事が返ってくる場合は、負担に感じている可能性があるでしょう。
「会いたい」は、必ずしも負担になるわけではありません。上手に伝えることができれば、きっと忙しい彼氏の励みになるはず。

彼氏の言動に注目してみて、余裕がありそうな時に「次に会える日を楽しみにしてる!」「余裕ができたら思いっきり楽しもうね」など、前向きなメッセージを送ってあげましょう。
会いたくても会えない状況は、とても辛いですよね。ですが、何度も「会いたい」と伝えてしまうと、彼氏の負担になってしまうかも。

どうすることもできない状況に彼氏が罪悪感を感じてしまうからです。そうなる前に彼氏の状況を理解してあげて、忙しい時期は陰で支えてあげられるような女性を目指しましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事