2021.03.24

話しやすすぎる...♡!彼を虜にするための「会話術」って?

異性を選ぶ上でやはり会話が続くか、気が合うか、などを大切にする人は多いですよね!

聞き上手、話し上手はその中でもかなり得点が高く、好かれることが多いです。どんなタイプの人が来ても好かれるような会話術を身につけておくと、恋愛はもちろん、色んな場面で役に立ちます。

そこで今回は話し上手のコツをご紹介します!
話をしていてまず気になることは、相手が自分の話を聞いてくれているか、ということです。

話し始めるタイミングは重要で、相手の話を遮るように「そういえば、この間わたしもね〜」などと話し始めてしまうと、この人は自分の話ばかりしたがる人なんだ、人の話を聞いていないんだと思われてしまいます。

そして聞くことは基本的なことですが、話の内容によって、そうなんだ!すごい!などと褒め言葉も交えて話すと、相手の好感度がグッと上がります。

褒められて嫌な人はいないので、相手の良いところを過剰かも?と思うくらい褒めてみてくださいね。
話す上で大切なことは、言葉のキャッチボールができるかどうかなのです。

キャッチボールというのは一方的にはできないものですよね。なので、この人の事を知りたい!と思うならば少しは興味のないことも、掘り下げて質問などをして、聞くことが大切です。

色々なことに普段から興味を持てるように、アンテナを張っておくことが重要かもしれません。
なんだかこの人には話しやすい!と感じる人っていませんか?

そんな人は、きっとあなたにぴったりの相槌の打ち方をもっているのかもしれません。
ただ単純に、うん、そうなんだ、へぇ〜とばかり言われても、楽しくなくなってきます。

相槌にも色々種類がありますし、タイミングやチョイスが重要です。
そして相槌は、少しオーバーリアクション気味にするのも良いでしょう。

もしも興味のない話題だったとしても質問もしてみましょう。本当に興味のない場合も、切り上げ方が重要です。ひと通り聞いてあげてから、話題を変えるようにしましょう。
話が上手な人は、相手の話をしっかり聞いているから、的確なキャッチボールができるものだと思います。

やはり何よりも、相手が自分の話をしっかり聞いてくれている、と感じることが大切です。
しっかり話を聞いてくれない人には、また話したいと思わないですよね。
誠意を持って話を聞くことが、話し上手、聞き上手への近道で、基本なのです。

話上手な人は話の内容はもちろんですが、相手によって話の内容を変えたり、相槌のタイミングを変えたりできるので、万人に受ける話ができるのです。
まずは聞くことから初めて見ても良いかもしれません。
話しやすいというのは、また会いたい、もっと話したいと思う気持ちが、恋にも友情にも繋がりやすいので、話上手になって損はないです。

人見知りや、緊張してしまう性格の人も、誠意を持って、話を聞く心を見せると相手も話したいと思うはずですので、聞くことから始めてみませんか?

素敵な出会いがあったとき、チャンスを逃さないための話題づくりも学び、次の出会いに挑みましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事