2021.03.24

憧れる!喧嘩しても【仲が良いカップル】の特徴って?

喧嘩ばかりしているのに仲が良いカップルもいれば、喧嘩しても全く絆が崩れないカップルもいますよね。喧嘩しても仲が良いカップルを見ていると本物だと思わされることも多いでしょう。

しかし、喧嘩するのに相手のことが嫌いにならないのでしょうか?別れを考えることはないのでしょうか?

今回は、喧嘩しても仲が良いカップルの特徴について紹介しますね。
喧嘩するけど仲が良いカップルは、喧嘩のときにどちらも感情的になっていません。そのため、自分たちでは喧嘩でも周りから見ると「今の喧嘩なの?」と思ってしまうこともあるでしょう。

それぐらい喧嘩しても冷静で穏やかなのです。喧嘩というよりは、意見を言っているぐらいにしか見えません。感情的になるぐらいなら時間を置いてみようとお互いが思っているのでしょう。

感情で喧嘩をしないため、喧嘩したことに対してお互いが後悔することもありません。成長できる喧嘩しかしていないのです。
喧嘩しても仲が良いカップルは仲直りが早いのも特徴です。ずっと喧嘩したことを引きずってみたり、喧嘩して納得いかないから相手を無視したりすることがないのです。

ちゃんと二人で話し合って解決することができているからこそ、仲直りするのも早くて納得した上で仲直りもしていることでしょう。

そのため、何度喧嘩しても仲良しのままなのです。喧嘩しても仲直りするまでの過程をきちんと描いているのでしょう。
よく喧嘩しているように見えるのに仲が良いカップルは日頃からお互いにストレスをためないようにしています。

言いたい事は言えてるし、たまに喧嘩することでお互いにちょうどいい発散ができているのです。ストレスなく付き合えていることもお互いに分かっているでしょう。

そのため、喧嘩しても居心地が良いのです。だからこそ、別れずにずっと仲良しカップルのままでいられるのでしょうね。
喧嘩しても仲が良いカップルは、結局のところ思いやりがあります。思いやりを持って喧嘩をしているため、喧嘩中にも相手のことを考えているのです。

喧嘩の仕方も一方的ではなく、お互いが意見をするような喧嘩をします。そのため、イライラをただぶつけるだけの意味のない喧嘩はしません。

思いやりを持って意味がある喧嘩をしているため、喧嘩の後はお互いに成長しているのも特徴です。
カップルはどれだけ仲が良くても喧嘩することもあるでしょう。しかし、喧嘩で仲が悪くなるようなカップルにはならないようにしてください。喧嘩を前向きに捉えていつまでも仲良しカップルで居続けましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事