2021.03.23

ごめんなさい。告白してきた男性に「納得して諦めてもらう」断り方って?

全く好みじゃなくて付き合うつもりはない男性に告白されたら、どのようにして断りますか?下手な対応をしてしまうと、まだチャンスがあると相手に思われてしまうこともあります。きちんと断ったつもりでも、アプローチされ続けたという女性もいるでしょう。

相手も納得するような断り方でないと、再び告白されてしまうこともあります。そこで、告白してきた男性に納得して諦めてもらう断り方について紹介します。告白をうまく断れない女性は、参考にしてみて下さい。
彼氏がいる場合は、「付き合っている人がいるのでごめんなさい」と言えばいいですが、フリーの場合は何て言って断ればいいか迷うこともあるでしょう。その場合、好きな人がいると言えばいいのです。

実際に好きな人がいる場合、その人のことを思い浮かべながら断ればいいです。好きな人のこと以外は眼中にないことを伝えるのです。もし、好きな人がいない場合でも、好きな人がいることにすると、相手も諦めやすくなりますよ。
告白してきた人が好みじゃない場合、「好みじゃないので付き合えません」とハッキリ伝えましょう。濁して付き合えないことを伝えるよりも、ハッキリ言ったほうが相手も諦めやすくなります。

好みじゃないと伝えることに対して罪悪感を持つ人もいるでしょうが、そんなもの持たなくても大丈夫です。人の好みはそれぞれ違うので、あなたの好みじゃないことは仕方のないことです。誤魔化して返事をするよりも、告白してくれた人に対して誠実ですよ。
「あなたのことはよく知らないし、これからも知ろうとは思わない」など、眼中にないと言うことを相手に伝えましょう。きつい言い方に感じるかもしれませんが、それが事実であるならば受け入れてもらうしかありません。

恋愛対象にならない相手に優しくして、誤解されてしまうとお互いいいことはありません。それならば、これまでもこれからも可能性がないことを伝えておく方が、お互いのためです。下手に「いい人だと思うけれど」などと言ってしまうと、相手を期待させることになってしまいます。
仕事が忙しかったり失恋した直後だと、恋愛をしている気分じゃないということもあるでしょう。そういうときに告白されたのならば、「恋愛する気はない」ということを相手に伝えましょう。いつから恋愛を再開するか未定だということも、一緒に伝えましょう。

恋愛する気がないといっている相手に、しつこく迫ってくる男性は少ないです。それでも食い下がってくる人もいますが、恋愛する気はないといっている以上拒否しやすくなりますよ。
相手に気のある素振りをしつつ断るよりも、ハッキリ断るの方がお互いのためです。

キツイ感じに受け取られるかもしれませんが、諦めやすくなることで男性も気持ちが楽になるでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事