2021.03.25

価値観を押し付けないで......!子供を産むべきだと力説してくる友達をかわす方法って?

結婚して子供が欲しいと思っている女性でも、なんらかの事情で子供を持つことができないということはあります。子供を産むかどうかはプライベートな話なので、他人にはとやかく言う筋合いはありません。

しかし、子供を産んで当たり前だと思っている人がいるのも事実です。そういう人が友達だと、傷つくこともありますよね。そこで、子供を産むべきだと力説してくる友達をかわす方法について紹介します。子供のことで友達にうんざりしているという女性は、参考にしてみて下さい。
自分が子供を産んだことでハイになっていて、相手にもその価値観を押し付けてくる友達に対しては「産めない人はどうしたらいいの?」などの、産みたくても産めない人もいるという事実を思い出してもらいましょう。

実際にあなたが産めない人ではないとしても、この一言で自分の発言がいかに失礼な発言だったか気付くはずです。夫婦にはそれぞれ事情があるということを分かってもらい、今までの発言を反省することで、二度と自分の意見を押し付けるようなことは言わなくなるでしょう。
妊娠に関することは軽はずみに発言するべきではないとの意味を込めて、「土足で踏み込まない方がいい」と諭してあげましょう。デリケートな問題なので周りには隠している人もいます。そういった人の気持ちを考えるべきだと牽制するのです。

あなたの発言が人を傷つけている可能性があるということ伝えることで、相手も自分の発言の失礼さに気付くでしょう。少なくとも、牽制されたことであなたの前では二度と子供についての話を振って来なくなりますよ。
会うたびに毎回子供について言ってくるようであれば、ウンザリした顔を相手に見せましょう。「義両親にも言われて毎回ウンザリする」と言葉に出して行ってみるのも効果的です。聞き飽きているということを相手に伝えましょう。

義両親のことを愚痴るついでに、こういうことは他人にとやかく言われたくないとメッセージを発することで、自分にも言われているんだと気付くはずです。言いにくいことも、誰かを間にかませることで言いやすくなりますよ。
他人のことを気にしてないで、自分のことに目を向けた方がいいという意味で話題を変えてしまいましょう。「最近子育ては順調?」といったように、相手の子供の話題にすることで、自分への質問はなくなります。

何回も話題を変えているうちに、話しても乗ってこないことに気付くでしょう。そうすると、聞かれたくないことなのかもしれないと感じて、余計なことは言わないようにしようとしてくれます。それでもしつこいようだったら、はっきりと拒絶してしまいましょう。
生活スタイルが変わると、今まで仲の良かった友達と合わなくなることもあります。

会ったところで嫌な思いをするだけなのであれば、少しの間距離を置くのもよいでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事