2021.03.31

どうしよう!こじらせ男子を好きになった!こじらせ男子の特徴は?

こじらせ女子というのは聞いたことがありますが、こじらせ男子もいることをご存知でしょうか。こじらせ男子なんて恋愛対象にならないという人もいますが、こじらせ男子を好きになる人もいます。

「なんで好きになったんだろう…...」と自分でも思うことでしょう。もしかしたら、こじらせ男子が持つ特徴が気になっている可能性もありますよ。

そこで今回は、こじらせ男性の特徴について紹介します。
相手の気持ちを察するのが苦手なところがあります。そのため、上手に人とコミュニケーションをとることができずにこじらせてしまうことが多々あるのです。

それが恋愛にも出るタイプで、女性を怒らせてしまったり、カップルの仲をこじらせてしまったりすることがあるでしょう。

コミュニケーション能力が低い人を好きになるなんて滅多にないと思う人もいるでしょうが、そこが目を離せなくてつい好きになってしまうなんてこともありますよ。
こじらせ男子は頑固な一面があります。自分がこうと決めたことは決して曲げることがありません。そのため、周りとの歩調が合わなくても我が道を突き進むところがあるのです。

こじらせ男子のこだわりの強さは時には長所として発揮されます。そういうところをかっこいいと感じて好きになる人もいるでしょう。

しかし、あまりのこだわりの強さに人と衝突してしまったり、恋愛では恋人と意見の食い違いが起きて別れてしまったりすることも多くなります。
こじらせ男子は、さっきまで元気かと思ったらいきなりネガティブになってしまうところもあります。ネガティブになったらとことん落ちてしまうので、それが原因でこじらせてしまうことも多々あるでしょう。

急にネガティブになるため、何が気に入らなかったのか、どのポイントでスイッチが入ったのか分からないと思われることも多いでしょう。

こじらせ男子がネガティブになると面倒なものです。関わりたくないという人もいますが、好きになったらネガティブになっている姿が気になって仕方なくもなるでしょう。
こじらせ男子の中には、異性関係で落ち着くことができない人もいます。そのため、恋愛ではたびたびこじらせてきているのです。

ただ自分がチャラいだけなのですが、なぜか自分がモテていると勘違いしているこじらせ男子もいるでしょう。

しかし、チャラい男子が自分だけを見てくれて更生したらどうでしょうか?そこに期待してしまうためにこじらせ男子を好きになる人もいますよ。
こじらせ男子の特徴を見ていると、明らかにこじらせてしまう原因を持っていることが分かります。しかし、だからこそ目について母性が働くことで好きになるという可能性もありますよね。
(ハウコレ編集部)

関連記事