2021.03.29

片思いさん必見♡意中の彼をドキドキさせるLINEテクニックって?

片思いしている彼の心を揺さぶるためには、テクニックを駆使しなくてはなりません。どんなLINEテクニックを使えば、片思い中の彼をドキドキさせることができるでしょうか。

ここでは、男性がドキドキするようなLINEテクニックをご紹介します。好きな人にどんなLINEを送ればいいかわからず悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。
好きな彼とのLINEが楽しくて、連絡がきたらすぐに返信していませんか。返信スピードが早いと、彼への好意が駄々漏れになってしまいます。

「自分に好意があるから頑張らなくてもいい」と思われると恋がうまく進まないので、LINEのやり取りを急に止めるなどして、彼を翻弄しましょう。

スムーズにきていた返信が突然止まれば、彼は「何か余計なこと言ったかな」「嫌われたかな」と不安になるはずです。何回もやり取りを止めるとルーズな子だと思われるため、このテクニックを使うのはほどほどに。
LINEでさりげなくハートマークを使うと、彼は「好意を抱いてくれているのかな」とドキドキします。好意を伝える方法のうち、LINEの返信をすぐ返すのはがっついている感じがしますが、ハートマークを使うのは小悪魔っぽさがあります。

普段ハートマークを使わない女性でも、勇気を出してさりげなく使ってみてくださいね。頻繁に使うとハートマークを日常使いしていると思われるので、たまにハートマークを使うくらいがちょうどいいです。

ハートマークに意味はないのか、好意が込められているのかわからず、彼が悶々とすること間違いなしです。
LINEでやり取りしているときに、突然デートに誘ってみるのはどうでしょう。何でもないやり取りをしている最中、急にデートの話題が出たら彼はびっくりします。びっくりのドキドキと恋のドキドキが混ざって、彼はあなたにときめくでしょう。

デートのお誘いは、冗談でも本気でもOK。彼の反応次第で対応を変えれば、デートの誘いに慣れていなくても恥ずかしい思いをせずに済みます。
人間は日中より夜のほうがテンションが上がっているので、夜中にLINEを送ればいつもより会話が弾む可能性が高いです。やり取りが続くうちに、彼が「この子とLINEするの楽しいな」と感じてくれるかもしれません。

普段は恥ずかしくて連絡を取れなくても、夜中なら勢いで連絡が取れるメリットも。夜だからこそ話せる話題で盛り上がりましょう。
LINEのテクニック次第で、彼を翻弄させることができます。急にやり取りを止めたり突然デートに誘ったり、アピールに強弱をつけてLINEをしましょう。

片思い中の彼とLINEでやり取りを重ねて、どんどん仲を深めてくださいね。恋がうまく進展するよう、応援しています。

(ハウコレ編集部)

関連記事