2021.03.30

絶対いっちゃダメ!彼氏を「激怒させてしまう発言」とは?

あなたは、彼氏のどんなところが好きでしょうか。顔やセンスが好きだという人もいれば、彼の性格が好きだという人もいるでしょう。

彼の性格が好きで付き合っているという人は、彼の優しさに惹かれている人が多いと言われています。そんな優しい彼と付き合っていると、ついつい甘えてしまいがちです。

彼が尽くすタイプの場合、あなたをどんどん甘えさせてくれることでしょう。しかし、そうした状況に慣れてしまうとどんどんワガママになってしまい、ついには彼に対して言ってはいけない一言を言ってしまう恐れがあります。

普段優しく接してくれる彼氏を激怒してしまう発言とは、どのような一言なのでしょうか。
男性は自分の仕事にプライドを持っている人も少なくはありません。そのため、彼の仕事を馬鹿にすると、いくら温厚な彼でも激怒する可能性は高いでしょう。

仕事を馬鹿にすると「給料が低いね」など、相手の給料を下に見る発言を連想する人が多いですが、そうした発言だけが彼を怒らせるわけではありません。それ以外にも「そんな仕事、必要なの?」や「そんな仕事なら誰にでもできるよね」のように、やりがいを否定するような発言も彼を怒らせる恐れがあります。

どんな仕事内容であっても、上から目線で否定するのはやめましょう。
恋人同士では、お互いの容姿をいじりあうカップルもいるでしょう。もちろん、お互いに軽口を叩いていて楽しいのであれば、そういう付き合い方も問題ありません。

しかし、あなたは言われても気にしない場合でも、彼は気にしているかもしれません。また、冗談のように言われるのであれば気にしない場合でも、本気で言われるのは嫌だと感じる男性もいます。

付き合ってから美味しいものを食べすぎて太ったなどのケースを除いて、容姿は初対面の頃から分かっているものです。そこを馬鹿にすると「それなら、そもそもどうして俺と付き合ったの?」と思われる恐れもあります。

そもそも人の容姿を馬鹿にするのはマナー違反ですので、礼儀としてやめましょう。
特別な言葉がきっかけとなって彼が激怒するのではなく、積もり積もったものが爆発して激怒することもあります。彼と話す時、いつも彼があなたの言うことを聞いてくれる優しい性格だからといって、命令口調で話していないでしょうか。

「〇〇がしたい」ではなく「〇〇するよ!」のように話す癖がついている場合は要注意です。彼がどんなに優しい人でも、彼はあなたの部下でも召使でもありません。命令口調で話していると、最初は気にしないでいてくれた彼も、ふとした時に嫌になる恐れがあります。

心当たりがある人は、一度自分の喋り方を見直してみるのもおすすめですよ。
どんなに優しい人でも、何をしても絶対に怒らないということはあり得ません。あなたが無意識に彼の地雷を踏んでしまうことがあれば、彼が許してくれなくなることもあります。

いくら彼が優しい人であっても、甘えすぎるのはやめましょう。お互いに対等な存在であるということを意識すれば、失礼な発言が出ることもありません。彼氏との関係を一度見直すのも良いのではないでしょうか。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事