2021.04.01

面倒な女性の代表格?「察してちゃん」の特徴をご紹介!

自分で言いたいことを言わずに、周りから察してもらうことを待っているような女性を「察してちゃん」と言います。たとえば、ほしいものがあるのに「これがほしい」と言わず「〇〇があったら良いだろうなぁ」と言いつつ、チラチラと周りの顔色を窺っているような女性は察してちゃんだと言われても仕方がないでしょう。では、具体的にはどのような女性が察してちゃんだと思われてしまうのでしょうか。3つの代表的な特徴を紹介していくので、セルフチェックに利用してください。
話している内容にかかわらず、実は常に語尾が上がっている人は察してちゃんだと思われる可能性が高くなります。「私、〇〇に行こうと思ってるんだ?」のように語尾が上がっていると、本人にはそんなつもりがなくても、周りの反応を待っているように思われます。意図していなくても「それって、車出してくれる人を探しているの?」や「行き方を調べてほしいって思ってる?」と反感を買う恐れがあるので、語尾上げで喋る癖がある人は察してちゃんだと思われないように注意しましょう。
男性を翻弄して思わせぶりな態度をとり、自分のことを好きにならせるのが好きという女性もいるでしょう。そうした思わせぶりな態度をとることが多い女性も、仮に自分の意見をしっかり言っていても察してちゃんだと思われがちです。そもそも、思わせぶりな態度は、基本的に男性に対して好意を匂わせることで相手からのアクションを待つ態度です。そうした相手の行動ありきの態度は、察してちゃんと同じだと思われても仕方がないかもしれません。女性に対しては察してちゃんじゃなくても、男性に対する態度だけが理由で察してちゃんだと言われることも珍しいことではありません。
ここまで読んでいて「こんな性格の女性が無意識で察してちゃんなわけがない」と思う人は多いでしょう。しかし、そうした大半の予想とは裏腹に、察してちゃんの大部分は無自覚だと言われています。本人は「自分は察してほしいとは思ってないけど、意識しなくても相手が勝手に自分の思い通りに動いてくれてラッキー」くらいにしか思っていないのです。このように、無自覚だからこそ自分から察してちゃんな性格を治そうとすることもありません。また、周りの人から仮に察してちゃんだと指摘されても自覚することはなく、周りの人が理由もなく理不尽に自分のことを攻撃してきていると被害者ぶることもあります。
ここまでで説明した通り、察してちゃんは周りを疲れさせていることに自覚がないケースも少なくはありません。さらに、自分が察してちゃんであるにもかかわらず、周りの人に対して「あの人、察してちゃんで疲れるよね」という発言をすることもあります。ここを読んでいるあなたも、もしかしたら無意識のうちに察してちゃんになってしまっているかもしれません。周りの人の忠告をよく聞きセルフチェックをしながら、知らない間に察してちゃんにならないように注意して行動してください。

(ハウコレ編集部)

関連記事