2021.04.02

会いたくなくなる...【一緒にいると疲れる】女性の特徴って?

見た目的にモテない訳じゃないけれど、性格に難ありで彼氏ができないという女性は多いです。自分では気付かないので、なんで男性と付き合えないのだろうと悩むこともあるでしょう。

難ありの性格の中には、一緒にいると相手を疲れさせてしまうという特性を持っている人がいます。その人と会うと、帰ってから精神的に疲れてしまうのです。そこで、一緒にいると疲れる女性の特徴について紹介します。自分が相手を疲れさせていないか、チェックしてみましょう。
いつでもネガティブな発言ばかりする女性は、周りの人を疲れさせます。落ち込んだ時にネガティブになることもあるでしょう。たまにネガティブ発言をするくらいであったならば、疲れているとそういう時もあると周りも優しく見守ってくれます。

しかし、常にネガティブな発言ばかりを繰り返されると、聞いている方も気分が落ちてきます。ネガティブな人を励ますのにも限界があり、段々と口数が減っていくのです。ネガティブ発言が多い女性は、前向きに物事を考えられるように努力しましょう。
天然ボケで、会話の流れを遮ってしまいやすい女性は、一緒にいると周りの人を疲れさせます。天然ボケの女性は、少しずれているところが可愛いと思われることもありますが、あまりにも会話が通じないとただの世間知らずだと思われます。

会話の途中で「それってどういうこと?」と何回も話の腰を折られると、話が前に進まずにイライラしてしまいます。会話の流れから文脈を読んだりすることができないので、都度説明をしないといけなくなり、話す気がなくなっていくのです。
気分屋で、その時の感情を隠さない女性は、一緒にいる人を疲れさせてしまいます。前に会ったときはご機嫌だったのに、今日はずっと不機嫌な顔をしているなど、会うたびに態度が違うと、一緒にいる人は戸惑ってしまいます。

ご機嫌な時は会いたいけれど、不機嫌な時は一緒にいるのが疲れるから会いたくないと感じるようになります。あなたの気分がどうかなんて分からないので、不機嫌だと嫌だから会わないでおこうという気持ちになり、疎遠になっていくのです。
いつも誰かの悪口を言っている女性も、周りの人を疲れさせます。お互いに愚痴を言いたいことがあって聞き合うというのならば、ストレスが発散できてよいですが、一方的に悪口を聞かされるのは疲れてしまいます。

「今日は愚痴を聞いて」と前もって言っておいてくれれば、そのような心つもりで会いに行きます。しかし、何の前情報もなくひたすら愚痴を聞かされると帰りたい気持ちでいっぱいになります。相手の気持ちも考えて、愚痴以外にも楽しい話をしないと、会ってくれなくなりますよ。
一緒にいる人を疲れさせてしまう女性は、自分本位で相手のことを考えない人が多いです。
他人に気を使えないので、彼氏ができないどころか、友達も減っていってしまいますよ。
(ハウコレ編集部)

関連記事