2021.04.03

やめて欲しい!デート中に男性が傷ついてしまう「人見知り女性」の行動って?

人見知りの女性は、好きな人とのデートでもつい人見知り行動が出てしまいます。なるべく楽しく話すように心がけていても、普段の癖がでてしまい、それが男性を傷付けてしまうこともあるのです。

恥ずかしいからといって不用意な行動を取ってしまうと、せっかくのデートが散々な結果になってしまうこともあります。そこで、男性が少し傷ついてしまうデート中の人見知り女性の行動について紹介します。人見知りしがちな女性は、参考にしてみて下さい。
いくら人見知りだからと言って、彼がふってくれた会話に対してそっけない返答ばかりしていると、彼も傷ついてしまいます。自分の話が面白くないのかもしれないと、落ち込んでしまうこともあるのです。

人見知りの女性は、反射的に返答をしてしまい思ってもいないような返事をすることもあります。そこで、デート中はゆっくり会話するようにして、反射的に言葉が出ないように注意すると温かみのある返答をすることができますよ。
向かい合ってご飯を食べているのに、一向に目が合わないことを悲しく思う男性もいます。人見知りの女性は人の顔を見て会話をすることが苦手です。そのため、向かい合っているとどこを見たらいいの変わらずに、下ばかり向いてしまうことになります。

せっかくのデートなのに、相手の顔を見れないのは男性も寂しく感じます。顔を見ることが恥ずかしいというのであれば、カップルシートなど、横並びになれるカフェでのご飯を提案しましょう。恥ずかしいから横並びがいいと伝えれば、彼も了承してくれますよ。
せっかくのデートなのに、歩いているときに隣にいないとショックを受ける男性は多いです。恥ずかしいからといって彼の後ろを歩いてしまうと、デートしている気持ちになりません。自分と一緒にいるところを見られたくないのかもしれないと感じる男性もいるのです。

距離を取って歩いていると、デートをしている意味がありません。恥ずかしくて隣を歩くことができないのであれば、そもそもデートをOKしないほうがいいです。男性と歩くことに慣れてから、デートに臨むようにしましょう。
デートが終わってさようならをするときに、名残惜しさのかけらもなく「じゃあさようなら」 と言って去ってしまわれると、男性は悲しくなります。「今日はありがとう」「楽しかった」 などの一言が欲しいと感じるのです。

あっさりと帰られてしまうと、今日のデートが楽しくなかったのかもしれないと男性は感じます。途中から帰りたかったのかもしれないと悪い方向に考えてしまうこともあるので、楽しいデートだったのならば別れ際には一言添えましょう。
人見知りだから仕方ないと思ってそのままデートに行ってしまうと、お互いに時間の無駄になってしまうこともあります。

人見知り対策を行って、苦手なことは克服しておくなど人といることに慣れておきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事