2021.04.03

付き合ったばかりなのに...!彼氏に引く「結婚を焦っている行動」って?

ゼクハラと呼ばれるハラスメントを知っていますか?ゼクシィハラスメントと呼ばれるもので、付き合っている男性に対して結婚の圧力をかけることを言います。結婚を望んでいる女性は、知らない間に彼氏にプレッシャーをかけてしまうことがあるのです。

付き合ったばかりの彼氏にプレッシャーをかける行動を取ると、引かれてしまうこともあります。そこで、付き合ったばかりの彼氏に引かれてしまう結婚を焦っているような行動について紹介します。結婚したいと感じている女性は、参考にしてみて下さい。
付き合ったばかりなのに、親に会わせたがる彼女を見て結婚を焦っていると感じる男性は多いです。恋人の親にはできる限り会いたくないと感じるのが男心です。緊張するので、結婚報告などの特別なことが無ければ、なるべく会いたくありません。

それなのに、やけに自分の親に会わせようとしてくる女性は、親に会わせることで結婚を意識させようとしているように感じます。外堀から固められている気がして彼女の行動力が怖くなるということもありますよ。
付き合って間もないのに一緒に住みたがる女性に引いてしまうという男性も多いです。早めに同棲をしておいて、なし崩し的に結婚しようとしているのではないかと勘繰ってしまいます。

付き合ったばかりの頃はいつでも一緒にいたいという思いがあるため、若ければ若いほど同棲しがちです。しかし、結婚適齢期ですぐに同棲しようとする女性は、先のことを見据えている可能性が高く、結婚を焦っているように感じるのです。
友達の結婚式の話をしてくるなど、やけに結婚の話をされると男性はプレッシャーを感じます。早く結婚しようという圧を感じ、付き合ったばかりなのに焦っているんだなと引いてしまうのです。

結婚式に行ってきた帰りなど、リアルタイムで結婚式の話をされる分にはいいですが、こんな式がすごく良かったなど過去の結婚式の話を去ると、プロポーズを待っていると感じ居心地が悪くなってしまいます。あまり彼氏に結婚の話題を出し過ぎると、プレッシャーに負けて別れることになってしまいますよ。
自分の年齢を気にするような発言が多いと、プロポーズを急かされていると感じる男性は多いです。「もう30半ばだから」といったような発言をされると、適齢期だから結婚を促されていると感じます。

徳結婚を意識していなくてただの口癖になっている場合でも、男性は勘違いして結婚を急かされていると感じることがあります。付き合いたての彼氏に対して、あまり年齢のことについては口に出さない方がいいでしょう。
付き合ってから彼氏に結婚の意思がないということが発覚することもあります。

結婚したいのであれば、付き合う前に結婚する気はあるかの確認をしておく方が良いでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事