2021.04.04

本音が言えない!本当の【自分をさらけ出せない】人の特徴って?

なかなか自分の本音が言えないという女性っていますよね。本音を言ったら嫌われてしまうと感じ、我慢してしまう人もいるでしょう。思っていることを口に出さないため、何を考えているのか分からないと言われフラれてしまうこともあります。

彼氏と一緒にいるときも、自分ではない誰かを演じているような気がしてしまうとうこともあります。そこで、本当の自分をさらけ出せない人の特徴について紹介します。恋愛では、本音を言えた方が幸せな恋を掴みやすいですよ。
自分に自信ない人は、本当の自分をさらけ出せません。自分の考えはきっと間違っているから、周りの人に指摘されてしまうと恐れているのです。そのため、決め事があるときは大多数の人の意見に従うようになります。

恋愛面においてもそのことを見抜いたダメ男につかまりやすくなります。自己主張をしてこないので言うことを聞かせやすく、なんでも言ったとおりにしてくれる便利のいい女扱いを受けやすくなるのです。
本当の自分をさらけ出せない人は、周りにいる人の気持ちに敏感になります。相手がどのように考えているかを表情や態度などから察することができるため、場の雰囲気を掴むことが上手です。それが災いして、本音が言えなくなります。

この場所で自分の本当の意見を言うと、揉めるかもしれないという勘が働きます。場の雰囲気を壊さないために、自分の意見を抑えてしまうことが多くなるのです。

恋愛面においては、彼氏とケンカしたときに、言いたいことがあっても相手の気持ちを考え すぎてしまうというデメリットがあります。
本音で何でも話していた友達に裏切られたなど、誰かからの裏切りを受けて本音を言えなくなってしまうこともあります。本音や秘密の話をしていた友達から裏切られて、秘密を暴露されてしまった経験があると誰にも本音を離せなくなります。

彼氏に対しても、今は仲が良いから内緒にしてくれても、別れた後に何を言われるのか分からないと恐怖に感じます。自分の本音や秘密は絶対に誰にもしゃべってはいけないと考えています。過去の経験がトラウマになっているのです。
ネガティブに物事を考えてしまう女性は、自分の本音を言えません。本音を言うことで嫌われてしまうかもしれないと思ってしまうのです。本音で話すことでより仲良くなったという経験がないために、ネガティブにしか考えられないのです。

ネガティブな女性は付き合っている彼氏に対しても悪い方向に考えてしまいます。自分をさらけ出して恋愛することで、今までと違うと彼氏に思われて別れることになるかもしれないと思います。そのため、何年付き合っても本当の自分を見せることができません。
自分をさらけ出したいからと言って、一気に変わろうとする必要はありません。

小さなことで構わないので、少しずつ自分を見せていくようにすれば、無理なく変わっていけますよ。
(ハウコレ編集部)

関連記事