2021.04.01

全然カモン!わがままで彼を喜ばせよう!

彼へのわがまま、どのぐらい言っていますか?

彼にとっては、彼女のわがままさえ可愛く思えてしまうもの。
しかし、わがままにも限度はありますよね?

どんなわがままが、彼にとって嬉しくなってしまうわがままなのでしょうか。
一緒に見ていきましょう。
デートの帰り際に、彼女が寂しそうにこんなことを言ったら…。
週末に会えないことが分かった彼女にこんなことを言われたら…。

彼の心はキュンキュンでしょう。
「しょうがないなー」なんて困った顔で言いながら、心の中では「可愛過ぎ!」とニヤニヤしているのが想像できます。

彼女が彼ともっと一緒に過ごしたいと思っているのがよく分かるので、彼への愛情が感じられますよね?
そのようなわがままは、彼にとっては嬉しいわがままなのでしょうね。
ギュッとしたハグの後、「大好きだよ」と愛情いっぱいのキスの後、彼女にこんなことを言われたら…。

きっと彼は「いやもう、一回ではなく何度でも!」と答えたくなるはずです。
彼の温もりをまだ感じていたいという彼女の可愛いわがままに、彼は喜んで受け入れてくれるでしょう。
忙しくてなかなか会えないとき、彼女からポツリとこんなLINEが届いたら…。

彼は「うー、仕事なんだよ…。ごめん。」と思いながらも、彼への愛情が彼女にしっかりあることを感じ、嬉しい気持ちにもなるのでしょう。
彼もまた、彼女に会いたい気持ちが増すこと間違いありませんね。

そんなとき、会えない彼女から
「電話で声が聞きたいな」
と連絡が来たら、すぐに電話をかけてしまうでしょうね。
ちょっとした「お願い」は、彼の男心をくすぐるようです。

「高くて届かないよー」
「重くて運べないの」
「やり方が分からない…」
このような、女性には少し難しいけど男性なら楽にできる、得意だということをお願いするのも、彼にとっては嬉しいようです。

サラッと手伝ったときに、彼女の「ありがとう!助かった」という言葉も嬉しいですよね。


いかがでしたか?
彼へのわがままは、彼への愛情から出てしまうものが可愛く感じられるようです。
普段なかなか言わない彼女がたまに言うと、さらに彼は喜ぶでしょうね。

(ハウコレ編集部)

関連記事